Thorne Research(ソーンリサーチ)画像

Thorne Research(ソーンリサーチ)の人気サプリの効果副作用や海外で評判のおすすめサプリを紹介

活性型ビタミンB群で日本でもお馴染みとなっているサプリメーカーThorne Research(ソーンリサーチ)

アメリカ合衆国では実際の医療現場で最も多くの医者が患者にThorne Research(ソーンリサーチ)のサプリを処方し、オリンピック代表選手やNFL・MLB・PGA・NHLの公式サポート・メーカーに認定されている医療スポーツ2つの分野で申し分ない実績を残しているサプリブランドです。

ヨーロッパと北米のサプリメーカー信頼性ランキングで常にトップクラスを維持しているThorne Research(ソーンリサーチ)の日本だけでなく海外で評判の人気おすすめサプリの効果効能や副作用、デメリットやマイナスポイントまでを事細かに説明します。

Thorne Research (ソーンリサーチ)とは

Thorne Research(ソーンリサーチ)は1984年に設立されたアメリカ合衆国サウスカロライナ州サマービルに本社をもつヘルスケア企業です。

健康とWellness(ウェルネス)における最大の課題を解決する』を理念に、最先端の研究から健康診断技術、最新の栄養科学を用いた基本栄養素、抗酸化物質、女性の健康、スポーツパフォーマンスの向上、有害物質の解毒をサポートする世界最高峰のサプリメントを提供しています。

概要

  • 米国の医者が実際に最も多くの患者に処方している医療品レベルのサプリメント企業
  • 遺伝子組み換え作物(GMO)を含む製品ゼロ
  • グルテン、人工防腐剤、ステアリン酸、小麦、卵、ナッツ成分配合なし
  • 結合剤、コーティング、崩壊剤、充填剤、滑沢剤(ステアリン酸マグネシウム含む)不使用
  • NFL・MLB・PGA・NHL・LPGAの公式サポート・メーカー
  • 世界的なボディビルダーやパーソナルトレーナー愛用率No.1ブランド

品質と評判

結論から言ってソーンリサーチ社は現段階で、世界で最も高品質のサプリメントを提供しているメーカーです。

認証面では米国食品医薬品局(FDA)によって設定された品質基準『cGMP』は勿論のこと、オーストラリアの医薬品行政局『TGA』でアメリカの栄養補助食品会社で初となる最高水準『A1』を獲得しています。

認証面など形式的な評価だけでなく世界最高水準とする透明性が確保されたクリーンな過程で製造された製品は、米国の医者が実際に最も多く患者に処方している効力の高いサプリメントに選出されています。

米国医療関係者が処方する理由には実効性があることは勿論ですが医療現場に最も求められるのは安全性であり、実際に医薬品との併用利用を視野に入れて製品開発を行うソーンリサーチ社は結合剤、コーティング、崩壊剤、充填剤、滑沢剤(ステアリン酸マグネシウム含む)を一切使用していません。

特にステアリン酸マグネシウムが近年になってその安全性が問題視されており、主要成分の体内吸収を阻害するだけでなく長期間服用により肝臓や胃、腸などの臓器が衰え、最悪の場合機能不全に陥るのではないかと懸念されています。

ステアリン酸マグネシウムは錠剤製造時に滑沢剤として生産コスト低下目的で使用されますが、安価なサプリメーカーだけでなく安全性の高さをアピールしている高級サプリメーカーも植物性ステアリン酸と記載して使用しており、現在も実に全体の9割におよぶサプリメント製造会社が様々な形態のステアリン酸を使用しています。

製品面では安全性・有効性の高い原材料の選定から汚染物質や吸収を阻害する可能性のあるグルテン、人工防腐剤、ステアリン酸、小麦、卵、ナッツ成分を徹底的に排除し、遺伝子組み換え原料(GMO)を含む製品を一切製造していません。

世界中で様々な栄養補助食品会社が存在しますが非遺伝子組み換え100%をポリシーに掲げる会社は稀であり、遺伝子組み換え食品による将来的な健康被害を懸念している健康志向が高い愛用者がほとんどを占めています。

近年では米国オリンピック代表選手やスポーツ代表チームの栄養補給やダイエット・体調管理指導などをサポートするウェルネスパートナーに認定され、さらにはNFL・MLB・PGA・NHL・LPGAに所属するトップアスリートの公式サポート・メーカーにも指定されました。

主要スポーツ団体で禁止されている200種類以上の物質が含まれないドーピング検査の厳しいプロスポーツ選手が製品の保証をする『NSF』認証を取得した製品を数多く販売しており(全ての製品が『NSF』に認定されているわけではありませんので、製品ごとにオフィシャルウェブサイトなどでご確認ください。)、一流のパーソナルトレーナーやボディビルダーが最も愛用するサプリブランドとなっています。

製品開発のみならず非GMOである非営利団体と提携して非GMOプロジェクトに尽力し、環境保護の一環として絶滅の恐れのある植物資源の保護や環境負荷の低減する製品を開発しています。

日本での評判

2017年に大手総合商社『三井物産』がソーンリサーチ社のサプリメント事業に出資することを発表しましたが、その値段の高さゆえに日本では一般的にほとんど普及していないマイナーなブランドです。

品質と評判で述べたように近年になって米国代表スポーツチームと提携したため、その波及効果でフィットネスインストラクターやボディビルダーなどサプリにお金を惜しまないスポーツ愛好家のユーザーが増加傾向にありますが、『健康とスポーツパフォーマンスの向上』を主軸にアプローチしているためか、日本のサプリ市場の大部分を占める美容効果を求める女性の顧客はあまり増加していません。

ただ、栄養学やサプリメントの知識が豊富な方は勿論のこと医者・医師が密かに飲んでいるサプリメーカーであり、高品質かつ安全なサプリメントを求めれば誰もが例外なくソーンリサーチ社の製品に行き着くことになります。

マイナスポイント

非常に高品質なソーンリサーチのサプリメントですが、酸化スピードが速く成分が専門的すぎることなど様々なマイナス点が挙げられ、なによりも値段が非常に高価であることが最大のネックとなります。

酸化現象が早い

不純物が限りなく少ない安全な製品である反面、酸化現象が異常なほど早く、開封から少なくとも2ヵ月、製品によっては1ヵ月後にはカプセルが黄ばむなど目に見える形で酸化し始めます。

サプリメントは基本的に開封前・開封後でも冷蔵庫での保管は推奨されていませんが、高温多湿の日本に限り35度を越える猛暑日の多い7月~8月は室温が40度を越えることも多く、製品によっては一般的な室温保存では酸化してしまう危険性があります。

開封前でも酸化してしまう可能性が極めて高いデリケートな製品ばかりなので夏場の購入は絶対に控えたいサプリメーカーの筆頭に挙げられ、配送中の酸化の可能性を低下させるためにも遅くとも6月上旬には秋までのサプリメントを買い溜めしておくことを推奨しています。

成分が専門的すぎる

一般的に耳にすることのない専門的すぎる含有成分が目立つため、栄養学に乏しい方がアドバイスなしに購入するにはやや敷居が高い製品ばかりとなっています。

ただ、どの製品も医薬品に近い効能と副作用のほぼない成分を有している素晴らしいものであり、利用するにはそれなりの知識が必要となりますが栄養学をこれから学ぼうとお考えの方には申し分のないメーカーです。

値段が高い

サプリメントは基本的に定価の10%~30%オフで販売されていますが、ソーンリサーチ社の製品は例外なく割引なしの定価販売となっており、そのため他社と比較して2倍~3倍は優に超えるほどの値段となっています。

2倍~3倍ともなると倍以上の栄養補助食品を購入できるため、10種以上のサプリメントを常習しているサプリ・ジャンキーな方々のソーンリサーチ愛用者はあまり多くはありません。

実際にソーンリサーチ社の製品を中心に買い揃えるとなると最低でも月額2万~4万円は覚悟しなければならないため、レビューの評価やランキングデータを参考にして他のサプリブランドの製品も利用することが賢い選択といえます。

iherbで全製品を取り扱っていない

日本でアメリカ産のサプリメントを購入する際、ほとんどの方がサプリメント国際通販サービスiHerbを利用することと思われますが、200種類に及ぶ栄養補助食品を販売しているソーンリサーチ社の製品をiHerbでは150種類ほどしか取り扱っていないため、ご希望の商品がリストにない場合は個人輸入代行サービスを通じてオフィシャル通販サイトや米国アマゾンなどから購入するしかありません。

特に筋肉を愛してやまないワールドクラスのボディビルダーやアスリートが太鼓判を押す『Thorne Research(ソーンリサーチ)ホエイプロテイン』をiHerbでは取り扱っていません。

NFL・MLB・PGA・NHLなどのプロスポーツ選手が製品の安全性を保証をする『NSF』認証を取得している最強クラスに位置するホエイプロテインですが、ただでさえ30oz, 850g, 約5,000円という高額なプロテインを日本で入手するには輸入手数料や国際配送料などの負担が発生するため多額の出費を伴うことになります。

総評

吸収率および持続性の高い活性型ビタミンキレート化ミネラルなど効果とコスト面ばかりに目がいきがちですが、サプリメント有害物質混入問題は安全基準の比較的厳しいアメリカ合衆国でも度々問題となっており、有害物質の混入リスクが低い会社を選択することが最も優先すべき事項なのは明白です。

特に近年有名マルチビタミン摂取によるドーピング違反が日本で問題となり、米国製サプリメントおよび米国食品医薬品局(FDA)の品質基準『GMP』に対しての不信感を募らせるサプリユーザーが増加傾向にあります。

プロスポーツ選手が製品の保証をする『NSF』認証も100%安全と断言はできませんが、ドーピング検査の厳しいアスリートが摂取する条件としては現段階で最も信頼性の高い認証だと考えられます。

さらに栄養補助食品会社は数あれど非遺伝子組み換え作物のみの製品を展開しているブランドは、主に青汁など植物由来のオーガニックフードスーパーフードに特化した会社以外にほぼ存在しません。

医療機関や世界のトップアスリートが利用するほどのクリーンなサプリメントを製造するソーンリサーチ社は、プロフェッショナルかつ安全なサプリメントをお求めの方に最もおすすめのメーカーとなっています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでThorne Research(ソーンリサーチ)のサプリをチェックする。

日本で人気の高いおすすめサプリ

Thorne Research(ソーンリサーチ)のサプリメントは日本での評判で述べたように愛用者数があまり多くはないメーカーですが、『ベーシック・ストレス B複合体』のみ一般ユーザーの愛用者がそれなりに見られます。

活性型ビタミンB以外では健康な免疫機能維持に不可欠なサプリメント定番品ビタミンC(アスコルビン酸)が多少ですが人気を集めています。

Thorne Research, ベーシックB (ビタミンB)複合体

Thorne Research, ベーシックB (ビタミンB)複合体画像

ソーンリサーチの『ベーシック・ストレス B複合体』は活性型ビタミンB群のサプリメントで、慢性的な疲労感にお悩みなら『ベーシック・ストレス B複合体』と誰もが迷わずおすすめする日本でも定番化している製品です。

ビタミンB群が欠乏すると肌荒れやにきび、睡眠の質の低下、慢性的な疲労感、集中力の欠如、記憶力の低下、精神状態の不安定化に繋がるビタミンCと同列に並ぶ健康や美容に不可欠な栄養素です。

近年日本では疲れやすい疲れが取れないなどの慢性的な疲労感や眠れない眠りが浅いなどの睡眠障害に関する悩みが年々増加していますが、その対抗策としてビタミンB群を摂取する社会人が増加しています。

ソーンリサーチ社ベーシックB複合体チアミン(ビタミンB1)リボフラビン(ビタミンB2)ナイアシン(ビタミンB3)パントテン酸(ビタミンB5)ピリドキシン(ビタミンB6)コバラミン(ビタミンB12)葉酸ビオチンから成る8つの水溶性化合物群で、特にビタミンB2(リボフラビン)ビタミンB6葉酸ビタミンB12が肝臓や腎臓で処理しなくとも使用できる活性型となっており、内臓機能の低下している中高年や高齢者でも最大限の効力を得ることを可能とします。

成分表示

Amount Per Serving%DV
チアミン(チアミン塩酸塩として)110 mg7,333%
リボフラビン(リボフラビン5'-リン酸ナトリウムとして)10 mg588%
ナイアシン(ナイアシンアミドとして130mgおよびナイアシンとして10mg)140 mg700%
ビタミンB6(ピリドキサール5'-リン酸塩として)10 mg500%
葉酸塩(L-5-メチルテトラヒドロ葉酸からのL-5-メチルテトラヒドロ葉酸塩として、グルコサミン塩として)400 mcg100%
ビタミンB12(メチルコバラミンとして)400 mcg6,667%
ビオチン400 mcg133%
パントテン酸(パントテン酸カルシウムとして)110 mg1,100%
コリンクエン酸塩80 mg

実際のところ活性型ビタミンBコンプレックスの摂取だけでは睡眠障害の緩和にはあまり効力はみられませんが疲労回復や軽減に関しての期待値は数あるサプリメントの中でもトップクラスで、疲労に実効性のあるサプリメントをお探しの方は一般的に定番化しているマルチビタミンサプリを選択する前にThorne Research, ベーシックB複合体の摂取をおすすめしています。

ベーシック・タイプストレス・タイプの2タイプありますが一般的な疲労回復を目的とした場合はベーシックB複合体、過度なストレス状態が続いている方や副腎疲労にお悩みの方、睡眠障害にお悩みの方はリボフラビン(ビタミンB2)ピリドキシン(ビタミンB6)パントテン酸(ビタミンB5)を大容量追加したストレスB複合体が推奨されています。

ちなみに副腎疲労と言う症状に馴染みのない方やどちらのタイプか迷っている方はベーシック・タイプを選択しておけば間違いはありません。

ただ、近年ビタミンB群の過剰摂取(特にビタミンB6とビタミンB12。)が、男性(特に喫煙者。)のがん細胞の増殖を促進する危険性が確認されたことから、マルチビタミン&ミネラルサプリとの併用を控える方が増加しています。

サプリメントの効果や副作用

相乗効果のある成分
タンパク質
必須アミノ酸
非必須アミノ酸
ビタミンC
欠乏による症状
慢性的な疲労感や倦怠感
記憶力や集中力など脳機能の低下
やる気が出ない物事の考え方が否定的になるなど精神の不安定化
身体機能の低下
肝臓機能低下
うつ病
ニキビやシミなどの肌荒れ
抜け毛・脱毛、薄毛など頭皮環境の悪化
血行不良による冷え性や目の下のクマ、肩こりの悪化
食欲不振
貧血
過剰摂取による副作用
めまい
頭痛
がん細胞の増殖促進(確定してはいません。

Thorne Research, フラボノイド配合ビタミンC

Thorne Research, フラボノイド配合ビタミンC画像

ビタミンC(アスコルビン酸)は古今東西あらゆる分野の病気を予防・改善するだけでなく自然界最高の抗がん剤とも称され、高い抗酸化作用を有することから長らく日本ではビタミン部門サプリメント売上ランキングNo.1に君臨し続けています。

食品の酸化防止剤としても利用される万能なアスコルビン酸ですが体内では極めて酸化しやすい特徴をもち、さらに貯蓄が不可能な性質(多少は可能。)のため経口摂取最短30分後には効力を失い、汗や尿とともに体外に排出されてしまう欠点が存在します。

長時間の吸収を可能としたタイムリリース加工タイプは消化器官への負担が重く、高濃度吸収を実現化したLypriCel, リポソームビタミンCは高額すぎるため、高品質かつ吸収率・持続性を高める成分を配合した胃腸への負担が少ないカプセル型ビタミンCサプリをこまめに摂取することが最も理にかなった方法だと考えられます。

ソーンリサーチ社フラボノイド配合ビタミンCビタミンCの吸収率・持続性を高めるだけでなく毛細血管の強化やがん細胞増殖を抑制するオレンジなどの柑橘類から抽出されたシトラスバイオフラボノイドを1カプセルに75mg配合し、ビタミンC市場を独占する中国産の遺伝子組み換えトウモロコシや大豆に由来しない材料から抽出されたアスコルビン酸を500mg配合した最高品質のビタミンCサプリメントです。

成分表示

Amount Per Serving%DV
ビタミンC(アスコルビン酸として)500mg556%
シトラスバイオフラボノイド75mg

180カプセル, 1日, 3回, 2ヵ月分, 2,000円強と他社の3倍~4倍以上の値段となりますが、効率的にビタミンCの血中濃度維持を目的とするなら最善の選択といえるサプリメントであり、最高品質のカプセル型ビタミンCサプリをお探しの方に人気となっています。

サプリメントの効果や副作用

相乗効果のある成分
ビタミンE
コラーゲン
タンパク質
カルシウム
グルタチオン
α-リポ酸(R-リポ酸)
欠乏による症状
免疫力低下
老化現象の加速
ニキビやシミなどの肌荒れ
発疹や湿疹、アトピーなど皮膚炎の悪化
花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の悪化
心血管疾患や動脈硬化などのリスク上昇
壊血病
過剰摂取による副作用
胃腸の不快感
下痢
吐き気

海外で評判の良いおすすめサプリ

フィットネス先進国であるアメリカではワークアウトが常識化し栄養学に対する知識も高いため、ソーンリサーチ社のような高品質なサプリメントのニーズが非常に高くなっています。

健康志向が高いヨーロッパでは非遺伝子組み換え原料を絶対条件にする方が多いため、ソーンリサーチ社の製品はサプリ人気ランキングで常に上位に位置しています。

海外では日本同様『ビタミンB群』を中心に、唯一無二の抗老化物質『ニコチンアミド・リボシド』や神経細胞の保護補修物質を網羅した『Neurochondria®(ニューロコンドリア)』、妊活中や妊娠前、妊娠中、出産後、授乳中の女性用サプリ『ベーシックプレナタル』、プロアスリート用レベルの運動補助力をもつ『マルチビタミン』『ビタミンD/K』『亜鉛』、現代病である副腎疲労の緩和に効果抜群の『副腎皮質ホルモン』、医薬品レベルの優秀な抗菌作用を有する『ウンデシレン酸』『ベルベリン』など基本的にアンチエイジングや自然療法のサポート、スポーツパフォーマンスの向上、筋力増強、疲労軽減効果を目的としたサプリメントが人気です。

Thorne Research, ナイアセル、ニコチンアミドリボシド

Thorne Research, ナイアセル、ニコチンアミドリボシド画像

ニコチンアミド・リボシド(NR)は現段階で唯一、細胞の若返り効果が実証されている人類初となる抗老化物質で、不老不死に現在最も近い存在として世界で今最も注目されている成分です。

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD)は全生物の細胞に存在する補酵素で細胞エネルギーの源であるミトコンドリアの活動に不可欠な物質ですが、加齢やストレスに伴い自然とNAD値は低下していき、その結果ミトコンドリアが健康維持に必要なエネルギーの産出が困難となります。

ミトコンドリアの機能低下は生命エネルギーや免疫力低下など基本的なものから、老化現象の加速、ガン細胞の活性化、心筋梗塞や脳卒中など心血管疾患リスクの上昇、脳や神経系の機能低下などあらゆる健康状態の悪化に繋がっていきます。

ニコチンアミド・リボシド(NR)ナイアシンとは異なるニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD)の前駆体となる次世代型ビタミンB3の形態であり、老化の主原因であるNAD値を有意に増加させ細胞の代謝やミトコンドリア機能およびエネルギー産生を促進します。

ソーンリサーチナイアセル、ニコチンアミドリボシドChromaDex社が開発・特許をもち、世界初となる市販品として販売されたニコチンアミド・リボシド、通称『NIAGEN(ナイアジェン)』を配合したサプリメントです。

成分表示

Amount Per Serving%DV
ニコチンアミドリボシドクロライド125 mg

人間の基礎能力全てを底上げし自己治癒能力を高め細胞全体を若返らせると考えられている『NIAGEN(ナイアジェン)』は万病やガン細胞の抑制・死滅効果に優れた可能性をもつ成分として注目を集めています。

実際に米国では癌疾患・悪性腫瘍、アルツハイマー病、パーキンソン病、レストレスレッグス症候群、自己免疫疾患、膠原病、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群などの難病緩和に期待して利用する方が多く見られます。

他にも細胞の若返り作用による男女の妊活や不妊症対策にも利用されており、さらにミトコンドリアを活性化を可能とするニコチンアミドリボシドは運動パフォーマンスだけでなく炎症した筋肉の回復力向上にも期待できることから高負荷な筋トレやウエイトトレーニングを行うアスリート達の愛用品となっています。

一般的には副作用はまったくないとされているニコチンアミド・リボシドですが、ヒトへの有効性や安全性について調べる臨床試験の結果が公開されたのは2016年とごく最近で、現段階で最も未知な物質であり将来健康に悪影響を及ぼす可能性はゼロとは言い切れないモノです(ただのビタミンB3なので危険と呼べるほどのリスクはないと思われます。)。

原因不明の慢性的な不調が続く方や抗酸化物質以上の美容効果をお求めの方、物忘れや短期記憶など脳機能の不調が続く方、医薬品での改善がみられない症状にお悩みの方は試して見る価値は十分にある製品です。

疲労回復やエネルギー増強、アンチエイジング美容効果など一般的な用途の方は1日, 2回, 250mg, 月額4,000円強のナイアセル、ニコチンアミドリボシドで十分ですが、がん疾患や悪性腫瘍対策、心血管系疾患、糖尿病、脳機能の改善など難病対策としてお求めの方には1日, 2回, 500mg, 月額9,000円弱のニアセル-250、ニコチンアミド・リボシドが推奨されています。

サプリメントの効果や副作用

相乗効果のある成分
レスベラトロール
プテロスチルベン

Thorne Research, ビタミンD/K2

Thorne Research, ビタミンD/K2画像

ビタミンDは健康な肌や骨・筋肉、心臓血管機能、免疫機能のサポートに重要な栄養素で、アメリカではプロテイン(タンパク質)の次に重要な栄養素と考えられおり、ビタミンCを抜いて人気ランキングNo.1サプリメントとなっているビタミンです。

日光の紫外線を直接浴びなければ合成ができないビタミンDですが、地球規模で頻発する異常気象により日照時間が年々減少しており、食事からの吸収率が低いことも相まって現代人が最も不足しているビタミンとなっています。

ビタミンDは強力なアンチエイジング作用の有する成分で、インフルエンザやガン予防、花粉症などアレルギー症状の緩和だけでなく、近年の研究では女性の受精率や妊娠率の向上の可能性も示唆されており紫外線対策を徹底している女性に限ってはビタミンC以上に重要なミネラルだと考えられます。

ビタミンDは肉体面だけでなく精神面に影響を及ぼすビタミンで、欠乏すると慢性的な疲れや気分が晴れないなど軽度のうつ状態、物忘れや記憶力の低下、集中力の欠如などに繋がり、結果としてあらゆる肉体的病を呼び寄せてしまいます。

現代人の精神状態の不安定化や自律神経の乱れの原因のその半数がただのビタミンD不足であると考えられ、自己診断による誤診によって精神科への通院やサプリメントの中でも副作用の強いスマートドラッグに手を出してしまう方が後を絶ちません。

ソーンリサーチ社ビタミンD/K2はたった2滴で1日分のビタミンD3ビタミンK2の補給を可能としたドロッパータイプの液体サプリメントです。

成分表示

Amount Per Serving%DV
ビタミンD(ビタミンD3として)(1,000IU)25mcg125%
ビタミンK(ビタミンK2(メナテトレノン)200mcg167%

ビタミンDは植物性食品に含まれるビタミンD2と動物性食品に含まれるビタミンD3の2種類が主な化合物ですが紫外線や日光浴により合成される成分がビタミンD3であり、ビタミンD3ビタミンD2と比較して肉体面精神面の健康により重要な形態であると考えられています。

ビタミンK2ビタミンK1と比較して吸収率がより高くなった形態で心臓血管健康維持や抗炎症効果に優れるだけでなくビタミンDの効果を底上げし、ビタミンDと共により健康で強靭な骨や筋肉の作成をサポートします。

日本で肉体改造や運動能力向上を目的にビタミンK2を摂取する方はあまり見られませんが、ヘビーな筋トレやスポーツを行う米国スポーツ愛好家の間ではエネルギー利用効率と身体能力を高めるビタミンK2の摂取は常識化しており、効率的かつ高濃度のビタミンD3/ビタミンK2の摂取を可能とした本製品は米国アスリートたちの定番品となっています。

非常に吸収率および体内利用効率の高いビタミンD3/ビタミンK2サプリで、慢性的な疲れや精神的な不調にお悩みの方、紫外線予防を徹底している女性、日中の野外活動が少ない男性はまず摂取すべきサプリメントの筆頭と断言できるおすすめの製品です。

サプリメントの効果や副作用

相乗効果のある成分
カルシウム
ビタミンA
ビタミンC
欠乏による症状(ビタミンD)
慢性的な疲労感や倦怠感
免疫力の低下
記憶力や集中力など脳機能の低下
花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の悪化
軽度なうつ病や統合失調症
眠れない寝つけないなどの睡眠障害
過剰摂取による副作用(ビタミンD)
動脈硬化
腎不全
高カルシウム血症
尿路結石
吐き気
けいれん

Thorne Research, マルチビタミンエリート

Thorne Research, マルチビタミンエリート画像

通常のマルチビタミン&ミネラルサプリ健康維持基礎体力のベースとなる栄養素を手軽に摂取することを目的としていますが、ソーンリサーチ社マルチビタミンエリートは日頃から高負荷な筋トレやウエイトトレーニングを行うエネルギー消費の多いユーザーのために、昼夜のニーズに最適な栄養補給を可能とした製品です。

朝AM用は日々活力のある生活を可能にするエネルギー生産を促進する成分を配合、夜PM用は夜間の食欲を抑えて体重管理を支援し睡眠導入のスムーズ化や睡眠の質を高める成分を配合しています。

成分表示

AMAmount Per Serving%DV
ビタミンA(ベータカロテンとして3,000IU、パルミチン酸として2,000IU)5,000IU100%
ビタミンC(アスコルビン酸として)250mg417%
ビタミンD3(コレカルシフェロールとして)2,000IU500%
ビタミンE(d-アルファトコフェリルサクシネートとして)20IU67%
ビタミンK(ビタミンK1(Phytonadione)として100mcgおよびビタミンK2(Menaquinone-4)として100mcg)200mcg250%
チアミン(チアミン塩酸塩として)50mg3,333%
リボフラビン(リボフラビン5'-リン酸ナトリウムとして)12mg706%
ナイアシン(ナイアシンアミドとして)60mg300%
ビタミンB6(ピリドキサール5'-リン酸塩として)20mg1,000%
葉酸塩(L-5-メチルテトラヒドロ葉酸からのL-5-メチルテトラヒドロ葉酸塩†、グルコサミン塩)600mcg150%
ビタミンB12(メチルコバラミンとして)600mcg10,000%
ビオチン500mcg167%
パントテン酸(パントテン酸カルシウムとして)45mg450%
カルシウム(TRAACSカルシウムビスグリシンキレートとして)38mg4%
ヨウ素(ヨウ化カリウムとして)75mcg50%
マグネシウム(TRAACSマグネシウムビスグリシネートキレートとして)63mg16%
亜鉛(TRAACS亜鉛ビスグリシンキレートとして)10mg67%
セレン(L-セレノメチオニンとして)100mcg143%
(TRAACS銅ビスグリシン酸キレートとして)750mcg38%
マンガン(TRAACSマンガンビスグリシン酸キレートとして)1.5mg75%
クロム(TRAACSクロムニコチネートグリシネートキレートとして)200mcg167%
モリブデン(TRAACSモリブデングリシン酸キレートとして)50mcg67%
クルクミン・フィトソーム(ひまわり抽出物(根)/ホスファチジルコリン複合体)200mg
緑茶フィトソーム(Camellia sinensis extract(leaf)decaffeinated / Phosphatidylcholine complex)75mg
コリンクエン酸塩50mg
d-ガンマトコフェロール(混合トコフェロール由来)24mg
ホウ素(ホウ素有機ホウ素グリシン酸錯体として)1mg
ルテイン(アステカ・マリーゴールド抽出物(花)(Tagetes erecta)由来)300mcg
PMAmount Per Serving%DV
ビタミンA(ベータカロテンとして600IUおよびパルミテートとして400IU)1,000IU20%
ビタミンC(アスコルビン酸として)150mg250%
ビタミンD3(コレカルシフェロールとして)500IU125%
ビタミンE(d-アルファトコフェリルサクシネートとして)20IU67%
ビタミンK(ビタミンK1(Phytonadione)として100mcgおよびビタミンK2(Menaquinone-4)として100mcg)200mcg250%
葉酸塩(L-5-メチルテトラヒドロ葉酸からのL-5-メチルテトラヒドロ葉酸塩†、グルコサミン塩)400mcg100%
ビオチン500mcg167%
カルシウム(TRAACSカルシウムビスグリシンキレートとして)50mg5%
ヨウ素(ヨウ化カリウムとして)75mcg50%
マグネシウム(TRAACSマグネシウムビスグリシネートキレートとして)107mg27%
亜鉛(TRAACS亜鉛ビスグリシンキレートとして)20mg133%
セレン(L-セレノメチオニンとして)100mcg143%
(TRAACS銅ビスグリシン酸キレートとして)750mg38%
マンガン(TRAACSマンガンビスグリシン酸キレートとして)1.5mg75%
クロム(TRAACSクロムニコチネートグリシネートキレートとして)200mcg167%
モリブデン(TRAACSモリブデングリシン酸キレートとして)50mcg67%
プロプライエタリブレンドマグノリア・オフィシナリス(樹皮)抽出物、キクイムシ(樹皮)エキス200mg
コリンクエン酸塩100mg
d-ガンマトコフェロール(混合トコフェロール由来)24mg
ホウ素(ホウ素有機ホウ素グリシン酸キレートとして)2mg
ルテイン(アステカ・マリーゴールド抽出物(花)(Tagetes erecta)由来)600mcg

マルチビタミンエリートのまず注目すべきポイントはクエン酸コリンを配合している点で、クエン酸コリンは運動神経の神経終末における伝達物質の適正作用を有しており、運動パフォーマンスの向上や筋肉疲労および筋肉組織の炎症を軽減させることができます。

次に注目したいポイントは一般的なビタミンEの形態であるアルファトコフェロールとは別にガンマトコフェロールという異性体を配合している点で、ガンマトコフェロールは高負荷なトレーニングよって起こる急激な血糖値上昇による血管損傷を抑制する効果に優れています。

さらにカルシウムの代謝による骨の強化だけでなくビタミンDとともに筋肉増強をサポートするビタミンK2と、筋肉組織の修復と成長には不可欠なミネラルであるホウ素(ボロン)も当然配合しています。

その他にも関節や筋肉などの炎症を癒す強力な抗炎症作用をもつクルクミン(ウコン)や脂肪燃焼効果を向上させる緑茶(カテキン)、食欲を抑え睡眠の質を向上させる独自の植物ブレンドを配合しています。

そしてなによりも本製品は主要スポーツ団体が禁止する薬物を一切含まないとプロスポーツ選手が製品の保証をする『NSF』の認証を取得しており、『エリート』の文字通りドーピング検査のある米国アマチュアアスリートが最も愛用するマルチビタミン&ミネラルサプリとなっています。

トップアスリートだけでなく高負荷がかかる過酷なトレーニングを毎日行う方や、早朝から忙しく夜の睡眠時間も満足に取れない方におすすめな世界最高峰のマルチビタミン&ミネラルとなっていますが、月額7,000円弱と他に類を見ない非常に高価なサプリなためそれなりの覚悟が必要となる製品です。

サプリメントの効果や副作用

相乗効果のある成分
グルタチオン
α-リポ酸(R-リポ酸)
コエンザイムQ10(ユビキノール)

Thorne Research, フォーミュラ SF722

Thorne Research, フォーミュラ SF722画像

ウンデシレン酸は自然界に存在する不飽和脂肪酸の一種で、強力な殺菌作用を有した現時点で最高の抗真菌成分の1つとして知られています。

人体の汗にも含まれているウンデシレン酸は毒性がほぼなく、その高い殺菌能力は水虫やたむしなどの治療に利用され、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸の1種である抗真菌カプリル酸と比較して6倍以上も殺菌能力に優れています。

知名度はほぼゼロと言える成分ですが副作用のない万能な抗菌剤であるウンデシレン酸は防腐作用も有しており、医薬品や化粧品など様々な製品に使用されている私たちの生活を支え続けている身近な存在です。

ウンデシレン酸膣カンジダや口腔カンジダなどのカンジダ症治療に利用され、特に近年現代人に激増している腸内カンジダに対して高い効力を発揮するとして欧米の自然療法医が処方することが一般的となっています。

カンジダ菌はカビの一種で皮膚や胃腸、口腔、膣と体内の至る所に存在する常在菌ですが、食品添加物、残留農薬、重金属などの蓄積や過度のストレス状態が続くことで体内のカンジダ菌が増殖していきます。

異常繁殖したカンジタ菌は体内の必要栄養素を奪いながら免疫力を低下させていき、寝ても眠い、体がだるい、やる気が出ない、疲れが取れない、疲れやすいなど慢性的疲労に陥るだけでなく、インフルエンザや麻疹などの感染症、化学物質過敏症、花粉やハウスダストなどのアレルギー症状を悪化させ、さらにはうつ病や自律神経失調症、睡眠障害、物忘れ、記憶力や集中力の低下など自律神経系にまで影響を与えます。

それだけでなく最悪の場合、腸が慢性的な炎症状態となることで腸の粘膜に穴が開いてしまい、腸管の防壁機能が破壊された状態となることで異物が体内に侵入し全身に炎症やアレルギーを発症させるリーキーガット症候群(腸管壁浸漏症候群)を引き起こします。

実際に欧米で近年最も急増している疾患の一つであり、海外だけの問題ではなく軽度な状態を含めれば日本人の約6割近くが腸内カンジダ、リーキーガット症候群の症状にあると考えられています。

ソーンリサーチ社フォーミュラ SF722は胃腸と女性の膣内の細菌叢を健康なバランスに促進する高品質ウンデシレン酸サプリメントです。

成分表示

Amount Per Serving%DV
10-ウンデセン酸250mg

日本ではほぼ無名に近い製品ですがソーンリサーチ社の製品の中でも長らく売上トップを記録している欧米人が選出するベストサプリメントの一つで、カンジダ菌だけでなく体内で悪影響を及ぼす細菌やウイルスなどの有害微生物を殺菌することを可能とします。

日本のような高温多湿でカビ・ダニ・ウイルスなどが繁殖しやすい地域で日々生活を送るということは、その分体内で有害微生物が繁殖しやすい環境であることを意味しており、近年激増している慢性的な疲労や短期記憶力の低下の原因の一つが有害な常在菌の異常繁殖である可能性があります。

欧米ではウンデシレン酸によるカンジダ菌および有害微生物の殺菌療法を行う場合は、砂糖や炭水化物、グルテン、アルコールなどを排除した食事療法とともに、500億CFU以上のプロバイオティクス高濃度ビタミンCの併用が定番となっています。

カンジダ症、リーキーガット症候群の代替療法目的で利用する場合はDr. Ohhira's, Essential Formulas Inc.のプロバイオティクス, プロフォーミュラ、Thorne Researchのバチルスコアギュランスの併用を推奨しています。

ただ、上記のようなカンジダ菌自然療法は頭痛や吐き気、下痢など様々な好転反応が付きまとうため、命を脅かすほどの危険性はありませんが気になる方は専門医と相談しながらの治療をおすすめします。

サプリメントの効果や副作用

相乗効果のある成分
プロバイオティクス
ビタミンC
他の天然抗生物質
過剰摂取による副作用
めまい
頭痛
吐き気
下痢

Thorne Research, Neurochondria®

Thorne Research, Neurochondria®画像

Neurochondria® (ニューロコンドリア)は『メチルコバラミン (ビタミンB12)』『5-MTHF (葉酸)』『アセチル-L-カルニチン』『ベンフォチアミン(ビタミンB1の誘導体)』『コエンザイムQ10』『グルタチオン』『ホスファチジルセリン』『R-リポ酸(α-リポ酸)』という神経細胞の保護補修能力に優れた物質を網羅した製品で、頭の回転を速くするだけでなく知能指数(IQ)自体を高める可能性を秘めた栄養補助食品という領域を逸した医薬品レベルのサプリメントです。

メチルコバラミン (ビタミンB12)』『5-MTHF (葉酸)』『アセチル-L-カルニチン』『ホスファチジルセリン』は神経細胞の情報伝達や脳へ栄養素を送達する能力を有しており、頭の回転が速くなることで行動力や意欲が湧きあがり、記憶力、集中力、注意力、認知力など脳機能全般の能力を大幅に向上させることを可能とします。

ベンフォチアミン(ビタミンB1の誘導体)』『グルタチオン』『R-リポ酸(α-リポ酸)』は神経細胞や末梢神経の補修保護作用を有しており、ADHD (注意欠陥・多動性障害)などの発達障害自律神経失調症アスペルガー症候群アルツハイマー病など認知症うつ病双極性障害/躁うつ病不眠症自閉症学習障害など様々な自律神経系および精神疾患の緩和に期待がもてます(メチルコバラミン、アセチル-L-カルニチン、ホスファチジルセリンも同様の効果が期待できます。)。

コエンザイムQ10』は体内全ての細胞組織に存在し、生命エネルギーの源であるミトコンドリアの活性化に不可欠な物質で、他の物質の効果を最大限に引き出すことを可能とします。

成分表示

Amount Per Serving%DV
ビタミンB12(メチルコバラミンとして)1,500mcg25,000%
葉酸塩(5-メチルテトラヒドロ葉酸塩として)300mcg75%
アセチル-L-カルニチン(アセチル-L-カルニチンクロライドとして)300mg
ベンフォチアミン250mg
コエンザイムQ10150mg
グルタチオン(還元型)150mg
ホスファチジルセリン150mg
R-リポ酸(ナトリウムR-リポ酸として)120mg

Neurochondria®(ニューロコンドリア)は1日, 3カプセル, 2回, 半月分, 9,000円弱, 月額計算で2万円に迫る恐ろしく高価なサプリメントで、一見すると高いように思えますが個別に『グルタチオン』『R-リポ酸(α-リポ酸)』『コエンザイムQ10』を購入するだけで月額1万円近くにはなってしまうため手間賃を考慮するとコスト面で非常に優れた製品であり、なにより『グルタチオン』『R-リポ酸(α-リポ酸)』『コエンザイムQ10』は併用することで血中濃度を数十倍に上昇させる相乗効果も確認されているため、日本でも愛用者の多いコエンザイムQ10(ユビキノール)を単独で摂取するより遥かに高い吸収率を実現します。

アメリカでは受験や資格試験の迫る大学生、常軌を逸する仕事量を抱えるエリート層の愛用者が多くみられ、その他ではADHD (注意欠陥・多動性障害)などの発達障害アスペルガー症候群アルツハイマー病などの認知症自律神経失調症などの精神疾患緩和目的の利用も見られます。

副作用に関してはR-リポ酸の継続的な摂取が気になる程度で危険な潜在的リスクも特にありませんが、頭の回転が速くなることで攻撃的な人格となり人当たりが悪くなることは避けられません(基本的に全てのスマートドラッグが同様の副作用を示唆しています。)。

ただ、頭の回転を急速にする即効性および体感度が高いサプリメントなため、薬物やアルコールのように依存症になってしまう可能性を考慮すると非常に危険な製品であるとも考えられます。

Thorne Research (ソーンリサーチ), ベーシックB複合体』でも述べた通り、近年ビタミンB群の過剰摂取(特にビタミンB6とビタミンB12。)ががん細胞の増殖を促進する可能性が高いため、メチルコバラミン(ビタミンB12)を大容量配合している『Neurochondria®(ニューロコンドリア)』も納得の上でご購入下さい。

サプリメントの効果や副作用

相乗効果のある成分
ビタミンC
ビタミンE
オメガ3・EPA・DHA

Thorne Research, ベーシックプレナタル

Thorne Research, ベーシックプレナタル画像

妊娠前や妊娠中、出産後、授乳中の女性には基礎栄養素が人一倍必要となりますが、市場で出回っているほぼ全ての妊活妊婦用サプリメントは添加物が多量に含まれており、化学薬品の摂取は妊娠率を低下させるだけでなく先天的な障害を持った子供が産まれるリスクを高めてしまう可能性があります。

ソーンリサーチ社ベーシックプレナタルは一般的な妊活妊婦用サプリメントに含まれる添加剤や結合剤、充填剤などを一切使用していない最も安全性の高い栄養補助食品の一つです。

成分表示

Amount Per Serving%DV
ビタミンA(ベータカロチンからの3000IU / 450mcg RAEおよびパルミテートとしての2,000IU / 600mcg RAE)1.05mg117%
ビタミンC(アスコルビン酸として)150mg125%
ビタミンD(ビタミンD3として)(1,000IU)25mcg167%
ビタミンE(d-アルファトコフェリルとして)(50IU)33.5mg177%
ビタミンK(ビタミンK1として)100mcg111%
チアミン(チアミン塩酸塩として)5mg357%
リボフルビン(リボフラビン-5qouteiヘリックスホルダーリン酸ナトリウムとして)5mg313%
ナイアシン(ナイアシンアミドとして)30mg167%
ビタミンB6(ピリドキサール5'-Phosphateとして)12mg600%
葉酸塩(L-5メチルテトラヒドロ葉酸からのL-5メチルテトラヒドロ葉酸塩†、グルコサミン塩)1mg167%
ビタミンB12(メチルコバラミンとして)200mcg7,142%
ビオチン50mcg143%
パントテン酸(パントテン酸カルシウムとして)18mg257%
カルシウム(90mgをクエン酸カルシウム、90mgをマレイン酸カルシウムとして)180mg14%
(フェロシェル鉄ビスグリシンキレートとして)†† 45mg167%
ヨウ素(ヨウ化カリウムとして)150mcg52%
マグネシウム(クエン酸マグネシウムとして45mgおよびマレイン酸マグネシウムとして45mg)90mg23%
亜鉛(TRAACS亜鉛ビスグリシンキレートとして)††† 25mg192%
セレン(L-セレノメチオニンとして)50mcg71%
(TRAACS銅ビスグリシン酸キレートとして)††† 2mg154%
マンガン(TRAACSマンガンビスグリシン酸キレートとして)5mg192%
クロム(TRAACSクロムニコチネートグリシネートキレートとして)††† 100mcg222%
モリブデン(TRAACSモリブデングリシン酸キレートとして)††† 50mcg100%
ホウ素(ホウ素有機ホウ素グリシン酸錯体として)†††† 1mg

含有成分としては細胞分裂が盛んな胎児の正常な発育および小児の脳や脊髄の先天性欠損リスクを低下させるビタミンB9(葉酸)葉酸の吸収率や効能を向上させる活性型ビタミンB12(メチルコバラミン)、女性に不可欠な鉄分をより吸収率の高いキレート加工したビスグリシン酸鉄、そしてなにより栄養吸収の重要な時期である女性の胃に可能な限り負担のかからない純粋な原料から抽出された基本的ビタミン&ミネラルを配合しています。

日本で気軽に購入できる妊活妊婦用サプリメントでは最も安全と断言できるおすすめの製品ではありますが、非常に高品質かつ吸収率が高すぎる製品であるため、特に鉄分が過剰摂取となり嘔吐や便秘などの副作用を発症させるケースが多く報告されており、もし上記のような症状がみられた場合は諦めて他の製品に変更するか摂取量の調節をしてください。

ちなみに一般男性だけでなく高齢夫婦で妊活中の男性にはサンザシエキスアミノ酸アラニングリシングルタミン酸、そして大容量の亜鉛を配合したアルズフォーミュラが推奨されています。

Thorne Research, アドレナル コーテックス

Thorne Research, アドレナル コーテックス画像

『疲れやすい。』『疲れがとれない。』『よく眠れない。』『朝起きれない。』『寝ても眠い。』『やる気が出ない。』『記憶力の低下。』『集中力の低下。』『性欲の減退。』『生理周期の乱れ。』などの症状を訴えると日本ではうつ病や発達障害と診断されますが、そのほとんどが誤診で実際は副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)である可能性があります(甲状腺機能低下症や橋本病は除く。)。

副腎は腎臓の左右上部に存在するホルモン分泌機能を司る内分泌器官で、免疫力機能と密接な関係にある副腎の機能が低下すると老化現象やがん細胞増殖の加速、慢性的に風邪やインフルエンザにかかる、アレルギー症状の悪化、大幅な体重の増減など様々な体調不良を引き起こします。

副腎が長期間に及んで過度なストレスや疲労が蓄積することで副腎皮質ホルモンである糖質コルチコイドの一種コルチゾールの分泌が減少していき、上記に述べたような慢性的な疲労感や体調不良に悩ませられる副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)を発症することで、化学物質過敏症、睡眠障害、バセドウ病/甲状腺機能亢進症、橋本病/甲状腺機能低下症などの疾患に繋がっていきます。

欧米医学界ではアドレナル・ファティーグはごく一般的な疾患の一つにすぎませんが、日本では一般人のみならず医師の認知度が比較的低い疾患であるために副腎疲労を誤ってうつ病などの精神病と自己診断し、精神科医に通院して無意味に向精神薬を処方されて症状を悪化させてしまうケースを考えると非常に危険な症状の一つだと考えられています。

ソーンリサーチ社アドレナル コーテックスは牛の副腎皮質組織から抽出された副腎皮質ホルモンで、副腎疲労の改善から免疫機能およびエネルギー産出のサポートをします。

成分表示

Amount Per Serving%DV
副腎皮質50mg

現代人の約90%が軽度の副腎疲労状態にあるとされるほどメジャーな疾患となっており、副腎疲労改善に非常に効果のあるサプリメントとして欧米で非常に高い人気集めていますが、副腎皮質ホルモンは睡眠障害や機能性胃腸症など様々な副作用が確認されている成分なので注意も必要となります。

サプリメントの効果や副作用

相乗効果のある成分
ビタミンB群
過剰摂取による副作用
めまい
頭痛
吐き気

Thorne Research, ジンクピコリネート(亜鉛)

Thorne Research, ジンクピコリネート(亜鉛)画像

亜鉛は200種類以上の酵素機能に関与している必須のミネラルの一つで、絶えず新陳代謝を行う骨・皮膚・髪・脳・内臓組織のタンパク質代謝の働きを正常に維持する働きがあります。

日本では美容健康にビタミンばかり注目されがちですが、肌や髪、内臓の健康維持にはタンパク質コラーゲンと同レベルに不可欠な存在です。

怪我明けの方や味覚障害に悩む方には必要不可欠となる亜鉛ですが、肉や魚、大豆製品の少ない食生活を送る一般男性も不足しがちな成分で、マルチビタミン&ミネラルサプリメントにも配合はされているものの含有量が少ないものばかりです。

特に亜鉛は前立腺と毛髪という男性にとって命ともとれる重要な部分の健康に密接に関わっており、欠乏すると性的機能が低下するだけでなく脱毛や薄毛などAGA(男性型脱毛症)の原因にもなってしまいます。

ソーンリサーチ社ジンクピコリネート(亜鉛)は15mgと他の一般的な亜鉛サプリ50mgと比較して半分以下の含有量となっていますが、ピコリン酸を結合させた現段階で最も胃への負担が少なく吸収率の高いキレート亜鉛サプリメントです。

成分表示

Amount Per Serving%DV
亜鉛(亜鉛ピコリン酸塩として)15mg136%

亜鉛は吸収率が低いミネラルのため数回に分けて摂取することが最適だと考えられており、消化器官への負担を極力減らした本製品はプロテインを定期的に摂取するアスリートに最も適した形態となっています。

ビタミンDと同様に運動パフォーマンスの向上と筋肉増強効果も有する亜鉛はスポーツマンには欠かせない重要な栄養素で、米国アスリート界隈では疲労回復や筋トレ効率のアップを目的にビタミンD/K2と一緒に摂取することが定番化しています。

ただ、亜鉛は他のミネラルと吸収拮抗を起こし特に銅が欠乏するケースが多いため(女性の場合は鉄分も欠乏。)、毎日個別で大量の亜鉛サプリを摂取する場合は銅サプリの摂取が推奨されています。

サプリメントの効果や副作用

相乗効果のある成分
タンパク質
ビタミンA
欠乏による症状
味覚障害
免疫機能の低下
治癒力の低下
抜け毛・脱毛、薄毛など頭皮環境の悪化
貧血
ED(勃起不全)など男性機能の低下
生理不順や生理痛の悪化
皮膚炎
発疹や湿疹、アトピーなど皮膚炎の悪化
甲状腺機能の低下
成長障害
過剰摂取による副作用
胃腸の不快感
めまい
頭痛
吐き気
下痢

Thorne Research, バルベリン500

Thorne Research, バルベリン500画像

ベルベリンゴールデンシールゴールデンスレッドオレゴングレープバーベリーメギなどに含まれるアルカロイド化合物の一種です。

古来から中国の伝統医学である漢方で利用されてきたベルベリンは安全性の高い天然ハーブで、欧米の代替療法では2型糖尿病、IBS(過敏性腸症候群)、SIBO(腸内細菌異常増殖症候群)の治療に利用することが一般的となっています。

基本効能として2型糖尿病の定番治療薬であり近年になって抗がん作用も期待できると話題を集めているメトホルミンと同様に、糖新生を抑制し健康的な血糖値および総コレステロール値を適正維持する効能をもち、人によっては食事制限をせずとも正常な血糖値範囲まで下げるほど高い効果を発揮します。

さらに優秀な抗菌作用を有しているベルベリンは、腸内の細菌や悪玉菌を撃退するだけでなく腐敗や発酵を抑えガスの発生を抑制し、腸粘膜の保護修復もこなす腸内環境改善のエキスパートとしても知られています。

ソーンリサーチ社バルベリン500はインドのバーベリーエキス(インドメギ)から抽出された天然植物ベルベリンサプリメントです。

成分表示

Amount Per Serving%DV
Berberine HCl(インド産バベリーエキス由来)(根)(Berberis aristata)1g

欧米の自然療法では腸内常在細菌のバランスを整えるベルベリンと生きた微生物(善玉菌)サプリメント500億CFUの高濃度プロバイオティクスとの併用摂取をIBS(過敏性腸症候群)、SIBO(腸内細菌異常増殖症候群)の患者に処方しています。

腸内の健康を促進するベルベリンプロバイオティクスとの相乗効果が確認されているだけでなく食中毒対策として海外旅行におすすめなサプリメントですが、血糖値を下げる作用を有しているため低血糖の方は注意が必要となります。

サプリメントの効果や副作用

相乗効果のある成分
プロバイオティクス
ビタミンC
他の天然抗生物質
過剰摂取による副作用
下痢
便秘