Now Foods(ナウフーズ)画像

Now Foods(ナウフーズ)のL-システインの品質・安全性や日本で評判のおすすめサプリメントを紹介

外国製サプリメント人気ランキングで堂々一位に君臨し続けているNow Foods(ナウフーズ)

日本だけでなく世界で最も有名なサプリブランドの1つで、フェイシャルケア、季節用製品、精油、調理食品など多種多様な健康製品を販売しています。

低価格帯メーカー世界人気ランキングNo.1に君臨するNow Foods(ナウフーズ)の日本や欧米で評判のおすすめサプリメントの効果副作用まで説明します。

Now Foods(ナウフーズ)とは

Now Foods(ナウフーズ)は1968年に設立されたアメリカ合衆国イリノイ州ブルーミングデールに本社をもつ健康補助食品メーカーです。

健康的なライフスタイルを補完する高品質の製品を提供する』を理念に栄養補助食品、自然食品、スポーツ栄養、パーソナルケア製品を提供しています。

概要

  • 低価格帯サプリの定番メーカー
  • 日本人愛用者の最も多い海外サプリブランド

品質と評判

ナウフーズはその圧倒的なコストパフォーマンスの高さから世界で最も支持されているサプリメーカーの一つです。

その値段の安さゆえに製品の安全性に不安感を抱く方が多く見られますが、安全性や品質に対しての検査の厳しいアメリカ合衆国において高い信頼を得ており、2018年には会社創立50周年を迎えました。

品質面ではFDA(米国食品医薬品局)によって確立された品質基準cGMPを満たす16,000件以上の分析テストを毎月実施しており、原材料の安全性と完成品の品質を常に確認しています。

近年は安全性の高い製品開発に力を注いでおり、低価格帯ブランドでありながら遺伝子組み換え食品、グルテン、乳製品、小麦、大豆、栗、ピーナッツ、卵、魚介類を含まない製品がほとんどを占めるようになりました。

1,500種類以上という圧倒的な製品量と値段の安さを誇るナウフーズは、海外サプリメントを利用する上で絶対欠かすことのできないメーカーの1つとなっています。

日本での評判

国内サプリメーカーが裸足で逃げ出すほどの圧倒的なコストパフォーマンスを誇るナウフーズはコスパ面をなによりも重視する日本人との相性が良いメーカーで、長らく外国製サプリメントブランド売上ランキングNo.1を維持しています。

ナチュラルフーズ、ビューティー&ヘルス、スポーツ栄養、エッセンシャルオイル、ペットヘルスなど様々な製品が人気を集めていますが、特に天然ハーブ類の評価が高いメーカーです。

マイナスポイント

世界最安値クラスでありながら品質面・安全性ともに申し分ないナウフーズですが、カプセルタイプの製品にステアリン酸マグネシウムを使用しており、遺伝子組み換え由来の製品も見られます。

ステアリン酸マグネシウムを使用

サプリメントには添加物が多く含まれていますが、低価格帯のサプリメーカーが必ず使用しているのがステアリン酸マグネシウムです。

ステアリン酸マグネシウムは主要成分の吸収を阻害するだけでなく肝臓や腎臓などに損傷を与える危険性が示唆されています。

非遺伝子組み換え100%ではない

ナウフーズはGMO(遺伝子組換食品)由来の製品が存在します。

低価格帯のサプリメーカーの中でもGMO使用率が低いメーカーではありますが、遺伝子組み換え食品を禁忌としている方は製品ごとにNon-GMO表記があるかご確認ください。

総評

ナウフーズは低価格帯ブランドの中でも効力と安全性の高さで、世界サプリ信頼性ランキングでトップクラスに位置する定番のサプリメーカーです。

世界的に経済成長が伸び悩む中でもサプリメント市場は年々拡大しており、ナウフーズのような低価格帯ブランドの需要はこれからも増加していくと考えられます。

世界80ヵ国以上で商品展開をする販売量の膨大なメーカーなため当然消費者からの監視の目が厳しく、安価で安全性の高いサプリメントをお探しならナウフーズ以上のメーカーは存在しません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでNow Foods(ナウフーズ)のサプリをチェックする。

日本で人気の高いおすすめサプリ

数多いナウフーズ製品の中でも日本では女性の定番美白サプリL-システイン、不安感やストレス軽減効果高いアシュワガンダ、うつ病や不眠症対策の定番GABA(ギャバ)、肝機能の改善に優れるミルクシスル(シリマリン)、北欧の伝統ハーブ薬イワベンケイ、プロバイオティクス (乳酸菌)の相棒イヌリン、南米の天然強壮剤マカが人気を集めています。

Now Foods, L-システイン

Now Foods, L-システイン画像

肌を明るくする美白効果を謳うサプリメントは数多く存在しますが、日本女性に最も高く評価されている美白物質がL-システインです。

L-システインタンパク質コラーゲンの形成に不可欠な硫黄アミノ酸で、なにより抗酸化化合物グルタチオンの前駆体でもあることから、特に髪の代謝と肌のターンオーバー促進作用に優れていると考えられています。

そのことから主に日本では肌の色を明るくする美白効果やシミやくすみを軽減させるなど美容目的の利用がほとんどを占めていますが、L-システインは数多いアミノ酸の中でもトップクラスの健康利益を持っており、欧米の代替療法で様々な疾患の治療に利用されています。

喫煙者や煙草の副流煙、PM2.5などの環境汚染物質によって汚染された粘液を溶解する作用を持ち、慢性気管支炎、肺気腫、肺炎、喘息、副鼻腔炎、中耳炎などの呼吸器疾患の緩和。

体内グルタチオンレベルを高める作用による重金属や化学薬品など有害物質のデトックス、放射線によるDNA損傷の軽減。

脳内のグルタミン酸調節作用によるPTSD(心的外傷後ストレス障害)、うつ病、統合失調症、ニコチン中毒など中毒症状の治療に利用することもあります。

アミノ酸であるセリンメチオニンによって体内合成可能なL-システインですが、その他にもビタミンC(アスコルビン酸)ビタミンB6ビタミンB9(葉酸)ビタミンB12など様々な基礎栄養素を多量に必要とすることから、上記のような効果を期待するにはサプリメントによる補給が必須となります。

ナウフーズL-システインL-システインの体内効率を高めるビタミンC(アスコルビン酸)ビタミンB6(ピリドキシン)を配合した非遺伝子組み換え由来のサプリメントです。

成分表示

Amount Per Serving%DV
ビタミンC(アスコルビン酸として)60mg100%
ビタミンB-6(ピリドキシンHClから)10mg500%
L-システイン(L-システイン塩酸塩由来)500mg

欧米では育毛発毛効果や紫外線ダメージの緩和、ビタミンB5(パントテン酸)と併用してニキビや肌荒れの軽減目的の利用が見られます。

L-システインをアセチル化させたN-アセチルシステイン(NAC)の方が吸収率および利用効率が高いため、欧米ではN-アセチルシステイン(NAC)の利用が一般的で、金銭面に余裕があるならば美容目的でもN-アセチルシステイン(NAC)が推奨されています。

なお、N-アセチルシステイン (NAC)サプリはThorne Research(ソーンリサーチ)のN-アセチルシステイン (NAC)を推奨しています。

美白目的の場合はビタミンEと、重金属や化学薬品など有害物質のデトックス目的の場合はセレンα-リポ酸(R-リポ酸)との併用が推奨されています。

サプリメントの効果や副作用

相乗効果のある成分
ビタミンE
セレン
α-リポ酸(R-リポ酸)
過剰摂取による副作用
下痢
吐き気
白髪

Now Foods, アシュワガンダ

Now Foods, アシュワガンダ画像

アシュワガンダは数千年にもわたってインドの伝統的医学アーユルヴェーダで使用されているアダプトゲンです。

アダプトゲンとは不安感や肉体的ストレスへの抵抗力を高める効能を持つ天然ハーブのことで、数多く存在するアダプトゲンの中でもアシュワガンダは最高の強壮剤の一つとして知られています。

緊張感や不安感によって生じる酸化ダメージから神経を保護する作用を持つアシュワガンダは、特にストレス軽減と脳細胞の保護に優れており、その結果としてうつ病などの精神疾患の緩和、記憶力や認知力など脳機能を改善、慢性的な疲労感の軽減、睡眠の質を向上させることができます。

そして何よりもアシュワガンダは副腎機能を高めて日々の活動エネルギーを向上させる効果に優れているため、欧米の自然療法では主に副腎疲労、慢性疲労症候群、不眠症、EDや勃起不全などの治療に利用しています。

その他にもアシュワガンダには細胞組織の老化プロセスの遅延、神経系の鎮静、体内毒素を中和、免疫システムの強化、アレルギー症状の軽減など様々な効果を期待することができます。

ナウフーズアシュワガンダビアノリドを2.5%以上を含む非遺伝子組み換えアシュワガンダサプリメントです。

成分表示

Amount Per Serving%DV
アシュワガンダエキス(Withania somnifera)(根)(全ワタノライドの2.5%以上 - 11mg)450mg

日本ではストレス耐性の向上や不安感の軽減、記憶力や学習能力の向上、不眠症の緩和、活動意欲やモチベーションのアップを目的とした利用が目立ちます。

欧米では癌疾患や悪性腫瘍、橋本病(甲状腺機能低下症)、アルツハイマー病、パーキンソン病、線維筋痛症などの自然治療のサポートしての愛用者が多いようです。

一般的な医薬品に匹敵するほどの効能を持ちながら、危険視する副作用もほとんど見当たらないまさに万能薬と言えるアシュワガンダですが、甲状腺ホルモン分泌促進作用を持つことからバセドウ病(甲状腺機能亢進症)の患者の使用は推奨されていません。

サプリメントの効果や副作用

過剰摂取による副作用
頭痛
嘔吐
アレルギー反応
甲状腺ホルモンの不安定化

Now Foods, ガンマアミノ酪酸

Now Foods, ガンマアミノ酪酸画像

GABA(ギャバ、γ-アミノ酪酸)グルタミン酸によって体内合成されるアミノ酸です。

ニューロン(神経細胞)の鎮静作用と副交感神経の活性化作用を併せ持つGABAは脳神経の安定化に優れた物質ですが、血液脳関門を通過できないためサプリメントなどで経口摂取しても効果が望めないと考えられていました。

しかし近年になって僅かではありますがGABAが血液脳関門を通過できる物質であると確認され、さらに腸内に存在する神経系が受容体として働くことでGABAが血液脳関門を通過しなくとも脳に影響を及ぼす可能性が示されています。

日本ではあまり知られていませんがGABAには成長ホルモンの分泌を促進する作用があるため、欧米では筋肉増強や筋肉痛の軽減、運動パフォーマンスの向上、脂肪燃焼やダイエット効果向上を目的にボディビルダーやアスリートも愛用しています。

ナウフーズガンマアミノ酪酸GABAの吸収質を高めるビタミンB6を配合した非遺伝子組み換えγ-アミノ酪酸サプリメントです。

成分表示

Amount Per Serving%DV
ビタミンB-6(ピリドキシンHClから)2mg118%
GABA(ガンマ - アミノ酪酸)500mg

日本ではうつ病、不眠症、ADHD (注意欠陥・多動性障害)など発達障害の緩和目的の利用が一般的ですが、欧米の自然療法ではPTSD(心的外傷後ストレス障害)、自律神経失調症、てんかん、パニック障害、社会不安障害などの精神疾患の治療にも利用することがあります。

過剰摂取による副作用リスクがほぼ存在しないGABA(ギャバ)ですが、大量摂取を長期間続けても人によっては全く効果が見られないことも少ない物質です。

なお、うつ病や不眠症の緩和目的で利用する場合はフィッシュオイル(オメガ3)イノシトールとの併用が推奨されています。

サプリメントの効果や副作用

相乗効果のある成分
ビタミンB群
フィッシュオイル(オメガ3)
イノシトール
5-HTP
L-グルタミン
L-アルギニン
タウリン
欠乏による症状
慢性的な疲労感や倦怠感
やる気が出ない物事の考え方が否定的になるなど精神の不安定化
軽度なうつ病や統合失調症
記憶力や集中力など脳機能の低下
不安感や疎外感、憂鬱感など自律神経の乱れ
眠れない寝つけないなどの睡眠障害
過剰摂取による副作用
下痢
便秘
頭痛

Now Foods, シリマリン ミルクシスルエキス

Now Foods, シリマリン ミルクシスルエキス画像

肝臓はアルコールや炭水化物の代謝だけでなく免疫システムの強化、有害物質の解毒化、肌質の改善、癌細胞の増殖抑制、血栓の予防、総コレステロールの安定化、抗アレルギー作用など300を超える身体機能に関連する重要な臓器です。

上記の通り健全な身体機能維持に不可欠な肝臓ですが、過度なストレスや睡眠不足、飲酒や食品添加物の摂取によって現代人の肝機能は著しく低下しています。

ミルクシスル(マリアアザミ、シリマリン)は世界中の伝統医学で利用されていた由緒ある自然薬で、数多く存在するハーブの中でも肝機能の改善に最も優れており、欧米の代替療法では肝硬変、アルコール性肝疾患、急性ウイルス性肝炎などの治療に利用しています。

特に抗酸化物質グルタチオンおよびSOD(スーパーオキシドジスムターゼ)の活性化作用を持つシリビンを豊富に含むことから、活性酸素による細胞損傷が原因で発症する心筋梗塞や脳卒中など心血管疾患、動脈硬化、糖尿病、癌疾患や悪性腫瘍、自己免疫疾患などの予防緩和力に優れていると考えられています。

ナウフーズシリマリン ミルクシスルエキスタンポポアーティチョークを配合した非遺伝子組み換えミルクシスサプリメントです。

成分表示

Amount Per Serving%DV
ミルクシスルエキス(Silybum marianum)(果実と種子)(80%シリマリンフラボノイドに標準化)300mg
タンポポ(Taraxacum officinale)100mg
アーティチョーク(Cynara scolymus)(リーフ)50mg

タンポポアーティチョークミルクシス同様、肝臓細胞膜の強化やフリーラジカルによる肝細胞の補修保護に優れたハーブとして知られ、日本ではアルコールの分解補助および二日酔いの防止目的の愛用者がほとんどを占めています。

特にアーティチョークにはミルクシスに劣らない優秀な健康作用があり、消化不良の改善や食欲の抑制、基礎栄養素の吸収率向上、癌細胞の増殖抑制、血圧および総コレステロール値の低下、腸痙攣抑制による便秘やIBS(過敏性腸症候群)の緩和、紫外線ダメージの軽減など様々な効果を期待できます。

ミルクシス過剰摂取による副作用としてキク科の植物であるマリーゴールド、カモミール、デイジーなどに対してアレルギーがある方はアレルギー反応を引き起こす危険性があります(タンポポとアーティチョークもキク科植物。)。

サプリメントの効果や副作用

過剰摂取による副作用
頭痛
吐き気
アレルギー反応

Now Foods, イワベンケイ属(Rhodiola)

Now Foods, イワベンケイ属(Rhodiola)画像

イワベンケイ(ロディオラ・ロゼア)はロシアや北欧など極寒地帯の厳しい環境で生育する多年草植物です。

ミトコンドリア内のATP(アデノシン三リン酸)の生成促進と細胞エネルギーの代謝作用を持つイワベンケイは、特に精神的・身体的ストレスの軽減と免疫システムの強化に優れており、欧米の自然療法では副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)、慢性疲労症候群、貧血の患者に処方することが一般的となっています。

さらにイワベンケイには神経伝達物質セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンの調整作用もあるため、行動意欲や記憶力の向上、不眠症、うつ病、ADHD(注意欠陥・多動性障害)など発達障害の精神疾患に対しても大きな成果を挙げています。

ナウフーズイワベンケイ属(Rhodiola)ロディオラ・ロゼアにとって最も重要な有機化合物ロザビン、サリドロサイドを含む非遺伝子組み換え由来のサプリメントです。

成分表示

Amount Per Serving%DV
Rhodiola Extract(Rhodiola rosea)(Root)(全ロザビン3%、最低1%Salidrosideまで標準化)500mg

日本では抗不安作用および鎮静作用に優れたイワベンケイを軽度なうつ状態の緩和、疲労感の軽減、睡眠の質の向上、モチベーションのアップ、ストレス耐性を向上させるなど主に精神状態の安定化を目的とした利用が一般的です。

海外ではATP(アデノシン三リン酸)の活性化と筋肉痛の抑制効果を期待してボディビルダーやアスリートの愛用者が多く見られます。

なお、イワベンケイ過剰摂取による副作用は特に危険視するモノはありませんが、双極性障害(躁うつ病)の患者の摂取は症状を悪化させる可能性があるため推奨されていません。

サプリメントの効果や副作用

過剰摂取による副作用
頭痛
吐き気
アレルギー反応

Now Foods, オーガニック認定イヌリン

Now Foods, オーガニック認定イヌリン画像

イヌリンはタマネギやニンニク、ゴボウに含まれる多糖類の1種です。

イヌリンは胃酸で分解されることなく大腸に到達することで、腸管に生息するビフィズス菌の餌となり腸内環境および腸内細菌叢を改善することができます。

また、腸のpHバランスをアルカリ化に促進する作用を持つイヌリンは免疫力を高めることが可能で、さらにアンモニアの吸収抑制や体内に蓄積した重金属・化学薬品のデトックスも可能とします。

ナウフーズオーガニック認定イヌリンは腸の健康を促進する非遺伝子組み換え由来のフラクトオリゴ糖(FOS)サプリメントです。

成分表示

Amount Per Serving%DV
カロリー5
総炭水化物2.7g1%
食物繊維2.5g10%
有機イヌリン(FOS)(Blue Agave製)2.8g

日本ではイヌリンの腸内環境を整える作用による便秘や体臭の改善、ダイエットや脂肪燃焼効果の向上、ニキビや肌荒れの緩和目的の利用が一般的です。

欧米では天然抗生物質と併用してカンジダ症の治療に利用することがあります。

ただ、イヌリンは善玉菌だけでなく悪玉菌の増殖にも繋がる可能性があるため、善玉菌サプリメントであるプロバイオティクス (乳酸菌)との併用が必須となります。

サプリメントの効果や副作用

相乗効果のある成分
プロバイオティクス (乳酸菌)
カルシウム
マグネシウム
過剰摂取による副作用
鼓腸
下痢
腸内環境の悪化

Now Foods, マカ, 生

Now Foods, マカ, 生画像

マカは標高3,000メートルを超えるペルー・アンデス山脈に生育する多年生植物です。

南米人の天然強壮剤として古くから利用されていましたが、その豊富な栄養素と生命エネルギー増強効果が世界中で話題となり、現在では日本でも定着しているごく一般的な栄養補助食品となっています。

エネルギーレベルを高める作用とホルモンバランスを整える作用に優れているマカは、慢性疲労症候群、貧血、冷え性、うつ病、不眠症の緩和を基本に、男性のED(勃起不全)や女性の更年期障害の改善、男女の精力増強剤として妊活や不妊症対策に利用することが一般的です。

数多いスーパーフードの中でも並外れた栄養素を含むマカは様々な疾患を緩和させる可能性があり、実際に海外では記憶力や認知力、関節リウマチ、橋本病(甲状腺機能低下症)、骨粗鬆症、白血病などの疾患の緩和が報告されています。

ナウフーズマカ, 生は有機栽培されたマカをより吸収率を高めるゼラチン加工した高品質サプリメントです。

成分表示

Amount Per Serving%DV
有機生のマカの根(6:1濃縮物)(Lepidium meyenii)(糊化された - 菜食主義者)(4,500 mgの新鮮なマカ・ルートに相当)750mg

日本では精力増強目的だけでなく貧血や冷え性の緩和目的の愛用者が多く見られ、近年ではマカの持つ優秀なグルタチオン生成促進作用による筋肉の増強や運動パフォーマンス向上目的のアスリートの利用が多くなっています。

マカは過剰摂取による副作用として体臭の悪化、吐き気、頭痛などの症状だけでなく、体質によっては予期しない副作用を発症させる場合があるため、特にホルモンバランスに過敏な女性の大量摂取は注意が必要となります。

サプリメントの効果や副作用

過剰摂取による副作用
吐き気
頭痛
体臭の悪化
ホルモンバランスの不安定化

海外で評判の良いおすすめサプリ

欧米では強力な抗糖化作用を持つL-カルノシン、血液の浄化作用に優れるクロロフィル、欧米人気ランキングNo,1の天然抗生物質オレガノオイル、女性の代替療法の定番化合物インドル-3-カルビノール、腸カンジダ駆除に優れるパウダルコ、体内寄生虫駆除の定番ブラックウォールナットが人気を集めています。

Now Foods, L-カルノシン

Now Foods, L-カルノシン画像

世界中には様々な抗酸化物質が存在しますが、サプリ大国アメリカで最もメジャーなアンチエイジング物質となっているのがL-カルノシンです。

L-カルノシンは2つのアミノ酸であるβ-アラニンL-ヒスチジンから成るジペプチドで、優秀な疲労回復とエネルギー増強効果を併せ持つことから、あらゆる体調不良の改善を期待することができます。

なによりもL-カルノシンはタンパク質の糖化反応によって生じるAGEs(終末糖化産物)の阻害作用に優れており、欧米の代替療法では白内障、糖尿病、神経障害の治療に利用しています。

また、健康寿命と密接関係にあるテロメアを伸ばす作用も確認されているL-カルノシンは肌や髪の若返り効果を期待することができ、特に顔のしわの軽減に優れる物質として欧米女性の定番サプリとなっています。

ナウフーズL-カルノシンは健康的な加齢をサポートする非遺伝子組み換えL-カルノシンサプリメントです。

成分表示

Amount Per Serving%DV
L-カルノシン(B-アラニル-L-ヒスチジン)500mg

日本ではイミダゾールジペプチド(イミダペプチド)として非常に高価な値段で取引されているため、イミダゾールジペプチドと違いのないL-カルノシンを500mg, 100カプセル配合した本製品は、非常にコストパフォーマンスに優れたナウフーズの中でも特におすすめの製品です。

L-カルノシンは神経細胞の損傷を抑制する作用もあるため、記憶力や認知機能の改善を目的とした利用者も多く見られ、欧米では特に自閉症、アルツハイマー病の治療に大きな成果を挙げています。

ただ、L-カルノシンは過剰摂取による副作用として体内のミネラルをキレート化させてミネラル欠乏症となる危険性があるため、そのことからミネラルサプリメントの併用が必須となります。

また、原因不明の体調不良の改善目的でL-カルノシンを利用する場合はタウリン、L-グルタミンの併用が推奨されています。

なお、タウリン、L-グルタミンサプリはThorne Research(ソーンリサーチ)のタウリンL-グルタミンをおすすめしています。

サプリメントの効果や副作用

過剰摂取による副作用
ミネラル欠乏症

Now Foods, 液体クロロフィル

Now Foods, 液体クロロフィル画像

クロロフィル(葉緑素)は光合成過程に欠かせない緑色の化学物質です。

細胞への酸素・窒素供給量の増加、体内pHバランスのアルカリ化、血液の浄化、化学薬品の解毒作用を持つクロロフィルは、あらゆる疾患の緩和予防を可能とする免疫機能の活性化に優れた植物エキスとして知られています。

特に赤血球およびヘモグロビンの生成促進作用に優れることから欧米の自然療法では貧血の改善に利用することが一般的です。

造血作用以外にも凶悪な発癌性物質として有名なアフラトキシン-B1の不活性化作用を持つクロロフィルは、正常細胞が癌細胞となるDNA変異を阻害する優秀な抗癌物質だと考えられており、特に肝臓癌、大腸癌(結腸癌・直腸癌)、胃癌、肺癌、白血病の治療に利用することが多くなっています。

ナウフーズ液体クロロフィルは非遺伝子組み換え由来の原料から抽出されたクロロフィルサプリメントです。

成分表示

Amount Per Serving%DV
カロリー15
総炭水化物4g1%
(ナトリウム銅クロルフィリンから)4mg200%
ナトリウム(ナトリウム銅クロロフィリンから)5mg1%
ナトリウム銅クロロフィリン(クロロフィル)100mg

日本では愛用者の少ないクロロフィルですが、甲状腺、肺、胃、肝臓、腎臓、膵臓、胆嚢機能の改善に期待できることから欧米では特に理由がなくとも摂取する定番化しているサプリメントの一つです。

腸管の洗浄と体内に潜む真菌類の殺菌作用による口臭や体臭(汗の臭い)、便臭の緩和目的の利用者も多く見られます。

サプリメントの効果や副作用

過剰摂取による副作用
下痢

Now Foods, オレガノオイル

Now Foods, オレガノオイル画像

オレガノは主に地中海に生息していた多年草植物で、欧米では最もポピュラーな天然抗生物質として知られています。

現代医療で処方される抗生物質は悪玉菌だけでなく善玉菌も殺菌してしまいますが、オレガノオイルは医薬品レベルの抗細菌・抗ウイルス・抗真菌・抗寄生虫作用を持ちながらも、有害微生物菌のみを選択して駆除することができます。

カルバクロールという強力な抗真菌化合物を含むオレガノオイルは古くから口唇ヘルペス、喘息、副鼻腔炎、気管支炎などの治療に利用されていました。

近年では膣・口腔・腸内カンジダ症の改善目的での利用が一般的で、カンジダ菌の駆除によって不眠症、うつ病、慢性疲労症候群などの改善効果も期待することができます。

ナウフーズオレガノオイルジンジャーオイルフェンネルオイルを配合した55%以上のカルバクロールを含むオレガノサプリメントです。

成分表示

Amount Per Serving%DV
オレガノオイル(Origanum vulgare)min。 55%カルバクロール)0.2ml / 181mg
ショウガ油(Zingiber officinale)0.02ml / 17.6mg
フェンネルオイル(Foeniculum vulgare)0.02ml / 19.3mg

ジンジャーオイルフェンネルオイルを含む本製品は呼吸器官と消化器系の機能改善に優れており、消化不良、胸やけ、腹痛、便秘などの緩和目的の利用が多く見られます。

医薬品を好まない健康意識の高い欧米人はインフルエンザや風邪の天然薬として利用することがあり、感染症の流行時に予防策としてもおすすめです。

サプリメントの効果や副作用

相乗効果のある成分
プロバイオティクス (乳酸菌)
過剰摂取による副作用
下痢
ミネラルの欠乏
腸内環境の悪化

Now Foods, インドル-3-カルビノール

Now Foods, インドル-3-カルビノール画像

ブロッコリー、キャベツ、カリフラワーなどのアブラナ科野菜に含まれるインドール-3-カルビノールは日本では知名度の低い物質ですが、欧米では女性の健康に特化した健康補助食品として定着しています。

女性ホルモンであるエストロゲンを適正なバランスに促進させるインドール-3-カルビノールを欧米の代替療法では乳腺症、乳腺炎、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮内膜炎、卵巣嚢腫などの治療に利用することが一般的です。

インドール-3-カルビノールには男性ホルモンであるテストステロンの分泌促進作用も確認されており、ボディビルダーやアスリートが運動パフォーマンスの向上や筋肉の増強、疲労軽減効果を目的に利用しています。

そしてなによりも強力なフリーラジカルの不活性化作用を持つインドール-3-カルビノールは数多い植物化学物質の中でもトップクラスの抗癌作用を期待することができ、特に乳癌、子宮頸癌、子宮内膜癌、前立腺癌、大腸癌(結腸癌、直腸癌)の予防緩和に優れていると考えられています。

ナウフーズインドル-3-カルビノールは亜麻の種子から抽出されたリグナンを配合したI3Cサプリメントです。

成分表示

Amount Per Serving%DV
インドール-3-カルビノール(I3C)200mg
亜麻仁リグナン抽出物(Linum usitatissimum)(種子コート)200mg

有害物質の中和機能を持つ肝酵素の活性化を持つインドール-3-カルビノールと肝機能自体を高めるリグナンを配合する本製品は、化学物質やアルコールによる肝細胞損傷の軽減効果に期待することができます。

女性とって健康利益の豊富なインドール-3-カルビノールですが、過剰摂取による副作用として甲状腺ホルモンバランスに悪影響を与える可能性があるため、甲状腺機能が低下している女性との相性はあまり良くはありません。

なお、乳腺症、乳腺炎、子宮筋腫などの緩和目的で摂取する場合はオメガ3、ビタミンE、緑茶エキスとの併用が推奨されています。

サプリメントの効果や副作用

相乗効果のある成分
オメガ3(EPA、DHA)
ビタミンE
緑茶エキス
過剰摂取による副作用
吐き気
便秘
甲状腺ホルモンバランスの不安定化

Now Foods, パウダルコ(タヒボ)

Now Foods, パウダルコ(タヒボ)画像

パウダルコは数百年にもわたって伝統的な民間療法として感染症、アレルギー、気管支炎、大腸炎、前立腺炎などの治療に利用された由緒ある天然ハーブです。

抗真菌と抗ウイルス作用を持つパウダルコは腸内に生息する有害微生物や寄生虫を駆除することが可能で、特にカンジダ症の治療に大きな成果を挙げています。

抗腫瘍および免疫酵素の活性化作用を持つことから、欧米の自然療法では貧血、アレルギー、白血病の治療に利用することもあります。

ナウフーズパウダルコ(タヒボ)はアマゾンの熱帯雨林に自生するタベブイアの内部樹皮から抽出されたパウダルコサプリメントです。

成分表示

Amount Per Serving%DV
総炭水化物1g1%
Pau Dqoutei Herbqlaceholder Arco(Tabebuia heptaphylla)(内樹皮)1g(1,000mg)

欧米では腸カンジダの自然治療を目的とした利用がほとんどですが、呼吸器疾患や胃疾患、肝臓疾患の改善目的の愛用者も見られます。

パウダルコ過剰摂取による副作用として吐き気や下痢などが発症する場合がありますが、現段階では特に危険視する副作用は確認されていません。

サプリメントの効果や副作用

相乗効果のある成分
プロバイオティクス (乳酸菌)
過剰摂取による副作用
めまい
吐き気
下痢

Now Foods, Black Walnut Hulls

Now Foods, Black Walnut Hulls画像

寄生虫に感染した場合、通常は発熱・下痢・嘔吐などの症状に見舞われますが、寄生虫の種類によっては体内の基礎栄養素を奪いながら毒素を分泌して免疫力を低下させていき、慢性的な疲労感、記憶力の低下、睡眠の質の低下、精神状態の不安定化などの体調不良を引き起こす可能性があります。

ブラックウォールナット(黒グルミ)は日本での利用者が少ないサプリメントですが、体内に侵入した、特に腸や肝臓の寄生虫を駆除することが可能で、北米では古くから寄生虫感染、カンジダ症、細菌感染症の治療に利用していました。

タンニン、キノン、フラボノイド、ポリフェノールなど多種多様な成分を含むブラックウォールナットには抗炎症・抗酸化・抗腫瘍・鎮静作用が備わっており、消化不良や下痢の改善、腸管の洗浄、血糖値やコレステロールの安定化、甲状腺ホルモンの調節、心血管の補修保護、悪性腫瘍の活動抑制などの効果にも期待することができます。

ナウフーズBlack Walnut Hullsは小麦、グルテン、大豆などを含まないブラックウォールナットサプリメントです。

成分表示

Amount Per Serving%DV
ブラックウォールナット(Juglans nigra)(船体)500mg

欧米では寄生虫の駆除および胃・腸・肝臓の洗浄目的の利用者がほとんどを占めています。

古くからアメリカでは伝統的に橋本病や甲状腺機能低下症の治療に使用することが多かったことから、現在でも甲状腺疾患の改善目的で利用する方も見られるようです。

サプリメントの効果や副作用

相乗効果のある成分
プロバイオティクス (乳酸菌)
過剰摂取による副作用
吐き気
下痢