ゼアキサンチン画像

ゼアキサンチンの基本的な効能効果

ゼアキサンチンはカロテノイドの1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ゼアキサンチンの主な働き

  • 角膜の補修保護
  • 紫外線ダメージから皮膚細胞の保護
  • 抗酸化物質の活性化

ゼアキサンチンは緑黄野菜に豊富に含まれるカロテノイドで、同じキサントフィル・グループに属するルテインの異性体としても知られます。

眼の網膜に多く存在するゼアキサンチンは角膜を酸化ストレスによるダメージから保護する作用をもつことから、黄斑変性症(AMD)、白内障、緑内障などの眼疾患を緩和予防に優れていると考えれています。

目の疲れ(疲れ目)、眼精疲労、ドライアイ、飛蚊症などの症状緩和に期待することができますが、ゼアキサンチンルテインと比較して人体に関する影響があまり研究されていないため、サプリメントではルテインの摂取が一般的となっています。

なお、ゼアキサンチンは他の抗酸化物質を活性化させる作用も確認されており、特にビタミンC、ビタミンE、β-カロテンとの効果を底上げする効果に期待することができます。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでゼアキサンチンサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 視力低下や目の疲れ(疲れ目)など眼球の補修保護
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • UV-AやUV-Bなど紫外線による日焼け緩和対策
  • 疲労回復効果の促進

ハーブ. スパイス.