ヨヒンベ(ヨヒンビン)画像

ヨヒンベ(ヨヒンビン)の基本的な効能効果

ヨヒンベ(ヨヒンビン)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ヨヒンベの主な働き

  • 血管の拡張と性器への血流増加作用による勃起不全の治療
  • 食欲抑制および脂肪燃焼効果の向上
  • 不安感の軽減作用による精神疾患の緩和

ヨヒンベはアフリカで生育する常緑樹で、古くからアフリカの伝統医学で媚薬として利用されていました。

ヨヒンベの樹皮に多量に含まれるアルカロイドの一種ヨヒンビンは末梢血流量の増加作用に優れることから、一般的に欧米の代替療法では男性の勃起不全(ED)や低血圧の治療に利用されています。

また、ヨヒンビンには脂肪細胞に存在するアドレナリン受容体の阻害作用があり、その結果として食欲が抑制されることで減量効果を向上させることができます。

その他にもヨヒンベには不安感を軽減させて気分を高める効果があり、うつ病、社会不安障害、パニック障害を軽減させる可能性が示唆されていますが、ヨヒンベの有効性に関する研究は世界的にも少なく、人体への正確な影響は現在も判明していません。

ヨヒンベ過剰摂取による副作用として動悸、息切れ、めまい、頭痛、下痢、嘔吐など基本的なモノから、統合失調症、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、睡眠障害、糖尿病の悪化の危険性があります。

さらには心臓、肝臓、腎臓に損傷を与える可能性が示唆されているため、心臓や肝臓、腎臓機能が低下している方の摂取は推奨されていません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでヨヒンベ(ヨヒンビン)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 男性の性機能の回復
  • 運動パフォーマンスの向上
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 食欲を抑えるなど食欲の軽減効果
  • ストレスの緩和や耐性力の向上

ハーブ. スパイス.