自然薯(山芋)画像

自然薯(山芋)の基本的な効能効果

自然薯(山芋)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

自然薯の主な働き

  • 男性女性のホルモンバランスの安定化
  • 血糖値、コレステロール値の低下作用による糖尿病の改善
  • 消化機能補助作用による胃腸疾患の緩和

自然薯(山芋)はヤマノイモ科の多年草植物で、何世紀にもわたって中国医学で様々な疾患の治療に使用されていました。

天然のDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)』と称される自然薯は、テストステロンエストロゲンなど性ホルモンの前駆体であるジオスゲニンを豊富に含むことから、男女のホルモンバランスを不安定化による様々な疾患を緩和できると考えられています。

女性の場合は冷え性、肩こり、月経前症候群(PMS)、更年期障害、不妊症の改善から、バストアップ効果。

男性の場合は性機能向上、運動パフォーマンスの向上、筋肉の増強効果向上を目的に利用されています。

また、欧米では血糖値とコレステロール値の低下作用を持つ自然薯糖尿病患者の食事に取り入れることもあり、日本では古くから癌、悪性腫瘍に対して有効性の高い食品として知られています。

さらに、自然薯には消化機能を補助する作用もあり、便秘、下痢、胆嚢炎、過敏性腸症候群(IBS)の緩和にも期待することができます。

自然薯(山芋)過剰摂取による副作用として吐き気、嘔吐、頭痛などを発症することがあります。

また、ホルモン感受性に関連する子宮内膜症、子宮筋腫、乳癌、子宮癌、卵巣癌などを悪化させる可能性があるため、特に20代30代の女性の利用は注意が必要となります。

ただ、自然薯が体内のDHEA濃度を高める証拠は乏しく、性機能の向上、運動パフォーマンスの向上、筋肉疲労の軽減、筋肉の増強目的に利用する場合はその点を理解してご利用ください。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbで自然薯(山芋)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • ストレスや更年期による生理不順の改善
  • 冷え症や血行障害の改善
  • 男女の性機能の回復
  • 性欲増進効果
  • 妊活や不妊症対策
  • 疲労回復効果の促進
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 筋肉の増強や成長率アップ
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 食欲増進や食欲不振の改善
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 健康的な骨や歯の形成または促進

ハーブ. スパイス.