白茶画像

白茶の基本的な効能効果

白茶の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

白茶の主な働き

  • フリーラジカルの中和作用による慢性疾患の予防
  • 脂肪分解と脂肪細胞の形成抑制作用による減量効果
  • 血管の柔軟性向上作用による血液循環の改善
  • 血糖値、コレステロール、血圧の調整作用による心血管疾患の予防緩和
  • 抗菌作用による口臭の抑制および虫歯予防
  • 癌細胞の不活性化による抗がん作用

白茶は主に中国の福建省に生育するカメリア・シネンシス(Camellia Sinensis)の葉から生産されるお茶で、非常に高価な値段で取引されることから近年ではインドやスリランカでも生産が活発化しています。

白茶は一般的に普及している緑茶、紅茶と異なり、茶葉を揉み込む『揉捻』処理がされないため、茶葉が摘み取り時の自然な葉の形を残しています。

また、白茶は最小限の製造工程しか行われないことから、世界で最もポリフェノール、フラボノイドなどの生物活性化合物が豊富な茶葉だと考えられています。

白茶は他の茶葉同様に多種多様な抗酸化物質のフリーラジカルの中和作用によるアンチエイジング・老化予防、血管の柔軟性向上、血糖値・コレステロール値の低下、整腸・利尿作用、ニキビや肌荒れの予防、癌の発症リスク軽減など数多くの健康促進作用が確認されています。

そして白茶は数多い茶葉の中でも脂肪分解と代謝の促進、既存の脂肪細胞の燃焼力、脂肪細胞の形成の抑制作用に優れており、欧米では減量やダイエット目的で利用されることが多くなっています。

その他にも抗菌作用による口臭・歯石・虫歯の予防緩和、血圧・中性脂肪の低下作用による心血管疾患の抑制、骨の密度の改善による骨粗鬆症の予防、インスリン抵抗性の改善による糖尿病の緩和、胃腸の消化機能の改善作用などを期待することができます。

白茶過剰摂取による副作用としてカフェインによる不眠、めまい、頭痛、下痢、胃腸の不快感、タンニンによる鉄の吸収阻害作用によって貧血を発症する場合があります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbで白茶サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 冷え症や血行障害の改善
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • インフルエンザや風邪の予防
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 口臭や歯周病などオーラルケア
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 健康的な骨や歯の形成または促進

ハーブ. スパイス.