ビタミンP(ヘスペリジン)画像

ビタミンP(ヘスペリジン)の基本的な効能効果

ビタミンPヘスペリジンバイオフラボノイド)はビタミン様物質ポリフェノールの1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ビタミンP(ヘスペリジン)の主な働き

  • 毛細血管の強化および血流を促進し冷え性や肩こりの改善
  • ビタミンC(アスコルビン酸)の吸収率や持続性の上昇させガン細胞の増殖抑制
  • 花粉症やハウスダストなどを緩和させる抗アレルギー作用
  • 老化の主原因である活性酸素の除去
  • 血液中の中性脂肪を分解し心筋梗塞や脳卒中などの循環器疾患、動脈硬化を予防

天然由来のビタミンC(アスコルビン酸)が有効とされる理由は柑橘類の皮やスジなどに含まれるビタミンP(ヘスペリジン、バイオフラボノイド)が同時に摂取できるためで、ビタミンPは体内で瞬く間に酸化し効力を失うビタミンCの吸収率や持続性を高める作用を有しています(ビタミンCの吸収率を高めないとする研究結果も存在します。)。

厳密的にはビタミンではなくポリフェノールの1種であるビタミンPは欠乏しても何ら問題のない成分ですがその効力は優れたものばかりで、毛細血管の強化や血管の柔軟性を保ち血流を促進させ冷え性や肩こりなどを改善、血中のコレステロール値させ心筋梗塞や脳卒中などの循環器疾患、動脈硬化、生活習慣病を予防、強力な抗アレルギー作用をもっており花粉症など様々なアレルギーを緩和することを可能とします。

上記で述べた通りビタミンC(アスコルビン酸)の吸収率や持続性を高める作用をもっているため、ビタミンCの秀でたアンチエイジング効果や抗ガン作用をより一層高めることを可能とするので、サプリメント業界ではビタミンCと共に配合することが一般的となりつつあります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでビタミンP(ヘスペリジン)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 美白効果(ビタミンCとの相乗効果)
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • UV-AやUV-Bなど紫外線による日焼け緩和や対策
  • 冷え症や血行障害の改善
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持

ビタミンP(フラボノイド)関連記事.

ハーブ. スパイス.