ビタミンK画像

ビタミンKの基本的な効能効果

ビタミンK脂溶性ビタミンの1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ビタミンKの主な働き

  • 血液凝固作用をもつタンパク質フィブリン・プロトロンビンの生成をサポート
  • カルシウムの骨沈着を促進し骨密度を高め骨粗鬆症の予防効果
  • タンパク質とコエンザイムQ10を活性化させ身体能力の向上

ビタミンKフィブリン・プロトロンビンの生成をサポートし、血液凝固を促進させ心臓や血管の健康を保つ作用に優れたビタミンです。

ビタミンKは単体ではなく他のビタミンミネラルのサポート役として優れた成分で、カルシウム骨の形成を促進し副作用である動脈の石灰化リスクを軽減させ、ビタミンD皮膚や骨・筋肉の形成をサポートおよび運動パフォーマンスや身体能力を高めることを可能とします。

ビタミンKビタミンK1の形態だと効果が薄いだけでなく血中半減期が1時間と非常に短いため、血中半減期が長く効力のあるビタミンK2推定3日。)の形態で摂取することが一般的となっています。

さらにビタミンK2にはMK-4MK-7の2タイプが存在し、特に納豆などの植物性食品に含まれるMK-7MK-4と比較して活性化作用に優れるだけでなく細胞の抗炎症作用も有する可能性が示唆されており、現段階ではビタミンKはMK-7タイプを摂取することが最善だと考えられています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでビタミンKサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 疲労回復効果の促進
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 筋肉の増強や成長率アップ
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善

欠乏による症状

  • 免疫力の低下
  • 身体機能の低下
  • 骨粗しょう症

ハーブ. スパイス.