ビタミンE画像

ビタミンEの基本的な効能効果

ビタミンE脂溶性ビタミンの1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ビタミンEの主な働き

  • 活性酸素を除去しガン細胞増殖の抑制、老化や生活習慣病を予防
  • 女性ホルモンの分泌を調整し妊活や不妊症の対策、生理不順や生理痛の改善
  • 毛細血管を拡張させ血行を促進し冷え症や肩こりなどを改善

ビタミンEは老化の主原因である活性酸素を除去能力に優れた抗酸化物質ビタミンCビタミンA遥かに上回る非常に強力な抗酸化作用を有しているビタミンで、老化防止やアンチエイジング効果は勿論のことガンを含め細胞の酸化が原因となる全ての病を予防緩和することを可能とします。

さらには毛細血管の柔軟性を高め血行促進作用やホルモンの分泌調整作用を併せ持っており、心筋梗塞や脳卒中などの循環器疾患、動脈硬化のような血流関連の様々な疾病を予防するだけでなく、妊活や不妊症の対策、紫外線・日焼け緩和作用、冷え性や生理不順の改善、しわ・しみ・たるみの改善など美肌効果も有する女性とって非常に重要なビタミンと言えます。

ただ、ビタミンE活性酸素を除去すると同時に酸化して効力を失ってしまうため、ビタミンEの再生活性化機能をもつビタミンCの定期的な摂取が推奨されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでビタミンEサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • UV-AやUV-Bなど紫外線対策や日焼けの緩和
  • 冷え症や血行障害の改善
  • がん疾患や悪性腫瘍対策
  • 妊活や不妊症対策
  • 男女の性機能の回復
  • ストレスや更年期による生理不順の改善
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持

欠乏による症状

  • 血行不良による冷え性や目の下のクマ、肩こりの悪化
  • ニキビやシミなどの肌荒れ
  • 老化現象の加速
  • 心血管疾患や動脈硬化などのリスク上昇
  • 不安感や疎外感、憂鬱感など自律神経の乱れ
  • 生理不順や生理痛の悪化

ビタミンE関連記事.

ハーブ. スパイス.