ビタミンC(アスコルビン酸)画像

ビタミンC(アスコルビン酸)の基本的な効能効果

ビタミンC(アスコルビン酸)水溶性ビタミンの1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ビタミンC(アスコルビン酸)の主な働き

  • 老化の主原因である活性酸素の働きを抑制
  • コラーゲンを生成し皮膚や粘膜の構築
  • タバコに含まれる発ガン性物質ニトロソアミンの働きを抑制
  • ストレス耐性を上げる副腎皮質ホルモンの生成をサポート
  • 抗ウイルス作用を有するインターフェロンの生成をサポート

まずビタミンCは非常に強力な抗酸化作用を有しており、ビタミンEとともに活性酸素による細胞酸化を抑制し老化を起因とするあらゆる疾患を予防緩和させるだけでなく、抗ウイルス作用を有するインターフェロンの生成をサポートするため感染症やインフルエンザの予防効果も期待できます。

アンチエイジング効果だけでなく皮膚や粘膜細胞を構築するコラーゲンを生成するため、日本では美白効果やしわ・しみ・たるみの改善など美容目的に過剰摂取することが一般的となっていますが、煙草に含まれる発ガン性物質ニトロソアミンの働きを抑制やストレス耐性を上げる副腎皮質ホルモンの生成をサポートするなどその万能さから老若男女問わず支持されており、長らくサプリメント・ランキング日本ビタミン部門堂々の1位に輝いています。

ただ、ビタミンC単独摂取では最短30分後には不活性化してしまう欠点があるため、ビタミンCの吸収率や持続性を高め、抗酸化作用や毛細血管の強化、がん細胞増殖の抑制、コラーゲン生成促進効果のある『へスぺリジン』『バイオフラボノイド』などのビタミンPビタミンCの吸収を高める効力はないとする研究結果もあります。)や、ビタミンCの再生機能を有する『グルタチオン』『R-リポ酸(α-リポ酸)』の併用が推奨されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでビタミンC(アスコルビン酸)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • 美白効果(可能性は限りなく低い。)
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • UV-AやUV-Bなど紫外線による日焼け緩和や対策
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • ストレスの緩和や耐性力の向上
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • インフルエンザや風邪の予防

欠乏による症状

  • 免疫力の低下
  • 老化現象の加速
  • ニキビやシミなどの肌荒れ
  • 発疹や湿疹、アトピーなど皮膚炎の悪化
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の悪化
  • 心血管疾患や動脈硬化などのリスク上昇
  • 壊血病

ビタミンC(アスコルビン酸)関連記事.

ハーブ. スパイス.