ビタミンB7(ビオチン)画像

ビタミンB7(ビオチン)の基本的な効能効果

ビタミンB7(ビオチン)水溶性ビタミンの1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ビタミンB7(ビオチン)の主な働き

  • アミノ酸の代謝を補助し皮膚や毛髪細胞の構築
  • 人体の栄養源である脂肪酸やブドウ糖の再利用
  • コラーゲンやセラミドの生成を促進

ビオチンの優れた効能はアミノ酸の代謝を補助することであり、健康的な毛髪や肌の維持は勿論のこと損傷した筋肉や炎症状態にある組織を修復し筋肉痛や疲労の回復、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状を緩和させることを可能とします。

特に毛髪の細胞の構築促進作用に優れるビオチンは、数えきれないほどの発毛育毛効果を謳う栄養補助品の中でも世界で比類なき成果を挙げている成分であり、近年男性だけでなく女性にも急増している抜け毛や薄毛、白髪など毛髪トラブル全ての緩和に期待ができます。

欧米でもビオチン脱毛や抜け毛、薄毛対策に利用することがほとんどですが、肝臓内でのブドウ糖代謝補助にも優れた作用も有しているため、糖尿病患者や末梢神経障害(糖尿病を起因とする。)の患者に処方することも少なくありません。

さらにコラーゲンセラミドの生成を促進する作用も有しているビオチンは、ハリのある肌や潤いのあるみずみずしい肌へ導く美肌効果に優れていますが、ビオチン自体が腸内細菌の餌にもなってしまうため、腸内環境が悪い場合は悪玉菌が増殖し腸内環境を悪化させてしまいます。

その結果、副作用として大量のニキビ・吹き出物を発生させることがあるため、ビオチンサプリメントで意図的に過剰摂取する際はプロバイオティクスを併用することが必須条件となります。

日本では大容量のビオチンビタミンC整腸剤ミヤリサンを毎食後摂取する『ビオチン療法』で肌質の改善を試みる方が多いですが、一般的にはアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症の改善を目的で行う療法です。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでビタミンB7(ビオチン)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • 白髪の改善や予防
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • 筋肉疲労や炎症の治癒力向上

欠乏による症状

  • 慢性的な疲労感や倦怠感
  • 治癒力の低下
  • 発疹や湿疹、アトピーなど皮膚炎の悪化
  • 抜け毛・脱毛、薄毛など頭皮環境の悪化
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の悪化

ビタミンB7(ビオチン)関連記事.

ハーブ. スパイス.