ビタミンB6(ピリドキシン)画像

ビタミンB6(ピリドキシン)の基本的な効能効果

ビタミンB6(ピリドキシン)水溶性ビタミンの1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ビタミンB6(ピリドキシン)の主な働き

  • 赤血球ヘモグロビンの生成を促進
  • タンパク質の代謝をサポートしエネルギーに変換
  • 女性ホルモンバランスの安定化や生理不順の改善
  • 皮膚や粘膜、筋肉組織の生成をサポート
  • トリプトファンとともに睡眠ホルモンであるセロトニンの生成を促進

赤血球の中に存在するヘモグロビンの生産を促進するピリドキシン貧血の緩和目的に利用されることが一般的で、女性ホルモンの安定および免疫システムの向上作用も有しPMS(月経前症候群)や生理不順の改善緩和を可能とすることから、女性が特に不安定な生理期間に不可欠な成分であると考えられています。

その他にも脂質タンパク質の代謝を促進、タンパク質アミノ酸とともに皮膚や筋肉の構築を補助するなど肉体面だけでなく、トリプトファンともに睡眠の導入をスムーズにするメラトニンや神経系の安定化およびストレス軽減効果をもつ神経伝達物質GABA(ギャバ)の生成作用を有するビタミンB6(ピリドキシン)が欠乏症となると慢性的な疲労感や倦怠感、末梢神経障害、不眠症、うつ病などをあらゆる疾患を引き起こしてしまいます。

近年まで特に危険視する副作用はないとされていたビタミンB6(ピリドキシン)ですが、過剰摂取を長期間続けると男性(特に喫煙者)のがん細胞の増殖を促進する可能性が浮上し議論の的となっています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでビタミンB6(ピリドキシン)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • 筋肉の増強や成長率アップ
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化
  • 自律神経の乱れを改善

欠乏による症状

  • 慢性的な疲労感や倦怠感
  • 発疹や湿疹、アトピーなど皮膚炎の悪化
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギーの悪化
  • 眠れない寝つけないなどの睡眠障害
  • 生理不順や生理痛の悪化

ビタミンB6(ピリドキシン)関連記事.

ハーブ. スパイス.