ビタミンB5(パントテン酸)画像

ビタミンB5(パントテン酸)の基本的な効能効果

ビタミンB5(パントテン酸)水溶性ビタミンの1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ビタミンB5(パントテン酸)の主な働き

  • 炭水化物(糖質)や脂質、タンパク質の代謝を補助
  • ビタミンCの働きをサポートし肌や粘膜の健康を維持
  • 表皮のバリア機能を維持しニキビなどの肌荒れを抑制
  • 副腎皮質ホルモンの合成を促進しストレス耐性を高める
  • HDLコレステロールの生成を促進し基礎代謝を上げる
  • 神経伝達物質および神経系の正常化維持

パントテン酸糖質脂質タンパク質の代謝補助を主に、ビタミンC(アスコルビン酸)のサポート、上皮細胞の生成およびバリア機能の維持作用を有しており、特に皮脂抑制効果に優れているため過剰な皮脂が原因で発生するニキビを予防緩和することができ、思春期ニキビだけでなく大人ニキビにお悩みの方がまず摂取すべきビタミンの一つだと考えられています。

さらに副腎皮質ホルモンの合成促進作用にも優れるパントテン酸はストレス耐性を高めたり花粉症など様々なアレルギー緩和にも効果的であり、なによりも慢性的な疲労や倦怠感、うつ病、不眠症、アレルギー症状を悪化させる副腎疲労症候群に大きな成果を挙げています。

副腎が長期に及んで過度なストレスや疲労が蓄積することによって発症する副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)は日本でも近年急増している疾患の一つで、欧米では副腎疲労緩和のためにパントテン酸とともにマグネシウムビタミンCの同時摂取を推奨しています。

その他にも善玉コレステロールの生成を促進する効能も有するパントテン酸心筋梗塞や脳卒中、動脈硬化など生活習慣病のリスクを低下させることを可能とし、美容効果ばかりにフォーカスされがちなビタミンですが健康にも不可欠な成分となっています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでビタミンB5(パントテン酸)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • ストレスの緩和や耐性力の向上

欠乏による症状

  • ニキビやシミなどの肌荒れ
  • 発疹や湿疹、アトピーなど皮膚炎の悪化
  • 慢性的な疲労感や倦怠感
  • 免疫力の低下
  • 食欲がない食べる気がしないなどの食欲不振

ビタミンB5(パントテン酸)関連記事.

ハーブ. スパイス.