ビタミンB3(ナイアシン)画像

ビタミンB3(ナイアシン)の基本的な効能効果

ビタミンB3(ナイアシン)水溶性ビタミンの1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ビタミンB3(ナイアシン)の主な働き

  • 炭水化物(糖質)や脂質、タンパク質の代謝をサポートしエネルギーに変換
  • 毛細血管を広げ身体全身の血流を改善し冷え性や肩こり、抜け毛や薄毛などを緩和
  • 二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解
  • コラーゲンやセラミドの生成を補助し美容効果のアップ

ナイアシン糖質脂質タンパク質の代謝に不可欠な存在で、外部の情報伝達と処理を行う神経系の働きをサポートする機能も有しています。

特にナイアシンの注目すべき点は血行促進効果と毛細血管を広げる作用で、頭から四肢まで身体全身の血行を改善させ慢性的な疲労感や倦怠感、記憶力や集中力の欠如、血行不良が起因と思われる冷え性や肩こり、抜け毛や薄毛など頭皮トラブル、花粉症などのアレルギー、うつ病、ADHD (注意欠陥・多動性障害)などの発達障害、統合失調症などの精神疾患を緩和させるだけでなく、心筋梗塞や脳卒中、動脈硬化、循環器疾患のリスクを低下させることを可能とします。

また全身の健康的な血液循環のサポートするナイアシンは美容効果にも優れ、血行促進により肌にハリが出ることでしわ・しみ・たるみが薄くなるだけでなく肌が明るくすることによる美白効果も期待できます。

近年ではナイアシンを意図的に過剰摂取することで起こる副反応ナイアシンフラッシュを利用して、肌の新陳代謝を上げたりターンオーバーを促進することによる美肌美白効果、花粉症やハウスダストなどのアレルギー、アトピー性皮膚炎、生理不順、うつ病、統合失調症、睡眠障害、パニック障害/不安障害、アルツハイマー病、自閉症などの緩和を狙った体質改善目的のサプリメント愛用者がほとんどを占めるようになっています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでビタミンB3(ナイアシン)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 冷え症や血行障害の改善
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • 美白効果
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • 集中力や記憶力を高めるなど脳機能の向上
  • 自律神経の乱れを改善

欠乏による症状

  • 血行不良による冷え性や目の下のクマ、肩こりの悪化
  • ニキビやシミなどの肌荒れ
  • 発疹や湿疹、アトピーなど皮膚炎の悪化
  • 軽度なうつ病や統合失調症
  • 便秘や下痢など腸内環境の悪化
  • 眠れない寝つけないなどの睡眠障害
  • 抜け毛・脱毛、薄毛など頭皮環境の悪化
  • 心血管疾患や動脈硬化などのリスク上昇

ビタミンB3(ナイアシン)関連記事.

ハーブ. スパイス.