ビタミンB2(リボフラビン)画像

ビタミンB2(リボフラビン)の基本的な効能効果

ビタミンB2(リボフラビン)水溶性ビタミンの1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ビタミンB2(リボフラビン)の主な働き

  • 炭水化物(糖質)や脂質、タンパク質の代謝をサポートしエネルギーに変換
  • 過酸化脂質を分解し老化やニキビ口内炎などの肌荒れやガン細胞増殖の抑制
  • 皮膚や毛髪、爪など細胞の再生構築(特に胎児や子供の発育促進に重要)

リボフラビンの主な働きは糖質脂質タンパク質の代謝を促進してエネルギー変換することで、特に過剰な皮脂分泌により発生するニキビを予防緩和させる作用に優れています。

その他に老化現象を加速させるだけでなくニキビや口内炎などの肌荒れ消化器官の炎症、さらにはDNAを損傷させガン細胞を発生させる可能性がある過酸化脂質の分解に優れた作用を有しています。

皮膚や粘膜の機能維持、毛髪や頭皮の健康は勿論のこと、全身の細胞新生を促進する美容発育に不可欠なビタミンB2(リボフラビン)は摂取しても尿や汗ですぐに排出されてしまうため、妊活中・妊娠中の方やハードなトレーニングを行うアスリートはサプリメントで毎日定期的な摂取が推奨されており、特に強力な抗酸化作用であるグルタチオンの産出再生機能を有しているリボフラビン美白効果を求めてやまない女性には不可欠な成分であると言えます。

なお、欧米ではニキビ緩和などで摂取することはありますが美容目的で摂取する方はほとんどおらず、脳内血管の炎症により痛みや嘔吐などを伴う片頭痛の予防緩和目的に摂取することが一般的となっています。

余談ですが、マルチビタミン&ミネラルなどのサプリメントを摂取すると尿が黄色に変化しますが、それは身体に吸収され余ったビタミンB2(リボフラビン)が尿と一緒に排出されているためです。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでビタミンB2(リボフラビン)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • がん疾患や悪性腫瘍対策
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進

欠乏による症状

  • ニキビやシミなどの肌荒れ
  • 治癒力の低下
  • 心血管疾患や動脈硬化などのリスク上昇
  • 成長障害

ビタミンB2(リボフラビン)関連記事.

ハーブ. スパイス.