ビタミンB群画像

ビタミンB群の基本的な効能効果

ビタミンB群水溶性ビタミンBの複合型サプリメントで、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ビタミンB群の主な働き

  • 炭水化物、脂質、タンパク質の代謝によるエネルギー生産
  • AGEs(終末糖化産物)の形成抑制による慢性疾患の予防緩和
  • 神経細胞の脂質膜生成による脳機能の向上
  • コラーゲン、セラミドの生成促進による肌、毛髪の健全化
  • 副腎皮質ホルモンの合成促進によるストレス耐性の向上
  • 赤血球ヘモグロビンの生成を促進

ビタミンB群ビタミンB1(チアミン)ビタミンB2(リボフラビン)ビタミンB3(ナイアシン)ビタミンB5(パントテン酸)ビタミンB6(ピリドキシン)ビタミンB7(ビオチン)ビタミンB9(葉酸)ビタミンB12(コバラミン)の8種類のビタミンBから成る化合物群です。

ビタミンB1(チアミン)の主な働きは糖質のエネルギー代謝であり、欠乏すると糖質が体内で脂肪として蓄積されるだけでなくエネルギー不足を招き慢性的な疲労感の原因にもなります。

ビタミンB2(リボフラビン)は体内の過酸化脂質の分解に優れた免疫力と密接な関係にある成分で、欠乏すると老化現象を加速させニキビや口内炎など美容面に甚大な細胞再生トラブルを引き起こしてしまいます。

ビタミンB3(ナイアシン)は非常に優秀な血行促進効果を有しており慢性的な疲労感や倦怠感、記憶力や集中力の欠如、冷え性や肩こり、抜け毛や薄毛など頭皮トラブル、花粉症などのアレルギー、うつ病、ADHD (注意欠陥・多動性障害)などの発達障害、統合失調症などあらゆる分野の疾患を緩和させる可能性をもっています。

ビタミンB5(パントテン酸)ビタミンC(アスコルビン酸)の働きを補助し過剰な皮脂によるニキビやしみを緩和させる美容効果に優れた成分で、特に慢性疲労症候群、うつ病、不眠症、アレルギーなどの症状を悪化させる副腎疲労症候群の緩和に優れた作用を有しています。

ビタミンB6(ピリドキシン)貧血およびPMS(月経前症候群)や生理不順の改善緩和など血液の健康に不可欠な成分で、さらに睡眠ホルモンのメラトニンやストレス軽減効果をもつ神経伝達物質GABA(ギャバ)の生成作用を有するビタミンB群の中でもユーティリティプレイヤーと言える存在です。

ビタミンB7(ビオチン)コラーゲンセラミドの生成を促進する働きがあるため皮膚や毛髪の健康維持には不可欠な存在であり、糖質タンパク質と関係性の深いビタミンB群の中で最も抜け毛や薄毛、白髪の緩和など育毛効果が期待できます。

ビタミンB9(葉酸)は細胞分裂や赤血球の生成をサポートし欠乏すると貧血や動脈硬化の原因ともなり、特に細胞分裂が盛んな赤ちゃんの発育に必要不可欠なため妊活中や妊娠初期の女性に積極的に摂取するよう推奨されています。

ビタミンB12(コバラミン)は脳細胞や神経組織の正常化に不可欠な栄養素で、大量摂取することで記憶力や集中力など脳機能全般の向上やADHD (注意欠陥・多動性障害)などの発達障害、うつ病、自律神経失調症、アスペルガー症候群、アルツハイマー病などの症状を大幅に緩和させることを可能とします。

上記の通り健康美容だけでなく生命維持に不可欠なビタミンB群ですが、どれか一つでも欠乏すると個々の活動力が急激に低下するため、複合体形態となったサプリメントでの摂取が最も合理的な形だと考えられています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでビタミンB群サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 疲労回復効果の促進
  • アンチエイジング/若返り/老化予防
  • 妊活や不妊症対策
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • 集中力や記憶力を高めるなど脳機能の向上
  • ストレスの緩和や耐性力の向上
  • やる気が出る前向きになるなど物事の考え方を肯定的に改善
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • 自律神経の乱れを改善
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 冷え症や肩こりなど血行障害の改善
  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化

ハーブ. スパイス.