ビタミンA画像

ビタミンAの基本的な効能効果

ビタミンAレチノールレチナールレチノイン酸)は脂溶性ビタミンの1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ビタミンAの主な働き

  • 皮膚や粘膜を構成する上皮細胞の生成をサポートし免疫力を高める
  • 網膜細胞の保護成分であるロドプシンを生成し目の健康を促進
  • 活性酸素を除去し老化予防やガン細胞の増殖の抑制

ビタミンA皮膚や粘膜を構成する上皮細胞の生成および体内にウイルスの侵入を防ぐバリア機能のような働きを有しており、ニキビなどの皮膚疾患や乾燥肌、喘息や肺炎など呼吸器疾患を大幅に緩和させるだけでなく花粉症やインフルエンザ・麻疹などウイルス性疾患も予防緩和することを可能とします。

その他にも角膜や網膜の保護するロドプシンの生成に不可欠なビタミンAドライアイ、結膜炎、白内障、飛蚊症、眼精疲労など眼疾患の緩和改善作用も有しています。

さらに高い抗酸化作用をもつビタミンCとの相乗効果が確認されており、ビタミンCとともに老化の主原因である活性酸素を除去するだけでなくガン細胞の予防および増殖の抑制効果も期待できると考えられています。

なお、甲状腺機能低下症や橋本病など甲状腺機能が低下している方人参ほうれん草など緑黄色野菜に多く含まれるβ-カロテンビタミンAへの変換が困難となるため、長年脂性肌の方が乾燥肌に変化したり突如として花粉症・ハウスダストなどのアレルギーや化学物質過敏症が発症した方は、念のために甲状腺専門医の診断が推奨されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでビタミンAサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • ニキビや肌荒れなど皮膚疾患の緩和
  • UV-AやUV-Bなど紫外線による日焼け緩和や対策
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • インフルエンザや風邪の予防
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • がん疾患や悪性腫瘍対策

欠乏による症状

  • 免疫力の低下
  • ニキビやシミなどの肌荒れ
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の悪化
  • 老化現象の加速
  • 心血管疾患や動脈硬化などのリスク上昇

ビタミンA関連記事.

ハーブ. スパイス.