バナジウム画像

バナジウムの基本的な効能効果

バナジウムの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

バナジウムの主な働き

  • グルコースの代謝改善および血糖値低下作用による糖尿病の改善
  • 体内の老廃物の排出促進による脂肪蓄積の予防
  • 癌細胞を死滅させるアポトーシスの活性化

バナジウムは北欧神話スカンジナビアに登場する女神バナジスを由来とする美しい銀白色の鉱物です。

膵臓から分泌されるホルモン、インスリンの調整作用を持つバナジウムは、グルコースの代謝を改善させて血糖値を低下させることが可能で、欧米の代替療法では糖尿病、心血管疾患、高血圧、貧血などの治療に利用しています。

日本では富士山で採水される水にバナジウムが豊富に含まれており、体内に蓄積した老廃物の排出効果、脂肪蓄積の抑制およびダイエット効果があると考えられています。

その他にもアポトーシス活性化作用による癌細胞の死滅効果、デトックス作用による疲労の軽減および運動パフォーマンスの向上、骨の形成促進作用による骨・歯・爪の健康化などを期待することができます。

バナジウム過剰摂取による副作用として胃痛、下痢、吐き気、嘔吐などを引き起こす可能性があり、腎臓に損傷を与える危険性があるため、腎臓疾患をお持ちの方の利用は推奨されていません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでバナジウムサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 疲労回復効果の促進
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 健康的な骨や歯の形成または促進

ハーブ. スパイス.