バリン(BCAA)画像

バリン(BCAA)の基本的な効能効果

バリン(BCAA)アミノ酸の1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

バリン(BCAA)の主な働き

  • インスリン分泌促進作用による筋タンパク質合成の活性化
  • 肝臓細胞の構築および肝機能の向上
  • グルタミン酸生成促進作用によるアンモニア代謝向上
  • エラスチン生成促進作用による皮膚の弾力性維持

バリン(BCAA)は体内合成ができない必須アミノ酸で、ロイシンイソロイシンとともにBCAA(分枝鎖アミノ酸)の1つとして分類されています。

筋タンパク質の代謝と関係性が深いBCAAはボディビルダーやアスリートの定番サプリメントの1つとなっていますが、バリンBCAAの中で最も筋肉構築作用が低いため個別で摂取されることはまずありません。

ただ、バリンは肝臓内のたんぱく質生成作用に優れているため欧米では肝硬変の改善目的に処方することがあり、さらにはロイシンイソロイシンによる肝臓への負担を軽減する効果に期待することができます。

その他にもグルタミン酸の生成を作用を有するバリンは生命エネルギーの源であるミトコンドリアや神経伝達物質の働きを阻害するアンモニアの代謝力に優れており、コラーゲンの線維を支え肌の弾力性を保つ不溶性たんぱく質エラスチンの生成促進作用も有しています。

過剰摂取による副作用は体内のインスリン量が増加することによって血糖値を低下させる可能性があるため糖尿病患者や予備軍の方の摂取は原則的に禁止されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでバリン(BCAA)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 筋肉の増強や成長率アップ
  • 疲労回復効果の促進
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 筋肉疲労や炎症の治癒力向上
  • 性欲増進効果
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • 皮膚や粘膜の健康維持

欠乏による症状

  • 免疫力の低下
  • 身体機能の低下
  • 肝臓機能の低下
  • ニキビやシミなどの肌荒れ

ハーブ. スパイス.