トリプトファン画像

トリプトファンの基本的な効能効果

トリプトファンはアミノ酸の1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

トリプトファンの主な働き

  • セロトニン分泌作用による不安の軽減
  • メラトニン分泌作用による睡眠覚醒サイクルの調整
  • タンパク質や炭水化物(糖質)、脂質の代謝促進
  • キヌレニン生成促進作用による免疫力の向上
  • 塩酸生成促進作用による消化器官のサポート

トリプトファンは体内合成ができない必須アミノ酸で、体内では5-HTP(5-ヒドロキシトリプトファン)を経て、セロトニン、メラトニン、ビタミンB3(ナイアシン)などの重要物質に変換されます。

精神をリラックスさせ不安感を解消する幸福ホルモン・セロトニンと昼夜の睡眠覚醒サイクルの調整作用に優れる睡眠ホルモン・メラトニンの産出増加作用に優れているトリプトファンは、一般的にはうつ病やADHD (注意欠陥・多動性障害)など発達障害、不眠症などの睡眠障害の緩和目的に利用されています。

欧米の自然療法では上記の症状に加えて禁煙中の離脱症状や砂糖依存症・過食症月経前症候群(PMS)の重症タイプである月経前不快気分障害(PMDD)の治療に利用することがあります。

様々な精神障害の治療で大きな成果を挙げているトリプトファンですが、過剰摂取による副作用として精神状態を悪化させる危険性があります。

まず、神経伝達物質ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンを産生するチロシンの吸収を阻害する作用をもつため不安感や倦怠感を増大させる可能性があります。

さらにはキヌレニンの前駆体でもあるトリプトファン幸福ホルモン・セロトニンの産出量を逆に低下させることがあり、その結果として精神状態の悪化およびメラトニン生成減少による睡眠サイクルの悪化の可能性があります。

それ以外にもトリプトファンには筋肉増強剤として定番となっている分岐鎖アミノ酸(BCAA)の吸収を阻害する可能性が示唆されているため、ボディビルダーやアスリートの摂取は注意が必要となります。

なお、不眠症などの睡眠障害緩和目的に利用する場合はメラトニンと摂取することでより高い睡眠効果を期待することができます。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでトリプトファンサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • ストレスの緩和や耐性力の向上
  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化
  • やる気が出る前向きになるなど物事の考え方を肯定的に改善
  • 自律神経の乱れを改善
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 食欲を抑えるなど食欲の軽減効果
  • 食欲増進や食欲不振の改善
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • 冷え症や血行障害の改善
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 疲労回復効果の促進
  • 吸収消化など消化器機能の向上

欠乏による症状

  • 慢性的な疲労感や倦怠感
  • 免疫力の低下
  • 軽度なうつ病や統合失調症
  • 不安感や疎外感、憂鬱感など自律神経の乱れ

ハーブ. スパイス.