トリファラ画像

トリファラの基本的な効能効果

トリファラの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

トリファラの主な働き

  • 慢性疾患および生活習慣病の予防緩和
  • 血液の浄化や重金属および廃棄物の除去作用による臓器機能の向上
  • 腸内細菌叢の修復作用による腸内環境の改善
  • 癌細胞の死滅および増殖の抑制
  • 血糖値および総コレステロールの安定化
  • 抗菌性および抗炎症作用による歯周病および歯肉炎の緩和

トリファラはサンスクリット語で『3つの果物』を意味する通りアムラ(アマラキ)、ビビタキ、ハリタキの3種の果物で構成された漢方薬です。

血液、小腸、大腸、胆嚢、膵臓、肝臓、腎臓、脾臓など身体全体の臓器組織の解毒および若返り可能とするトリファラは非常に優れた治癒特性を備えており、インドの伝統医学アーユルヴェーダの中で最も広範囲の病気に有益なハーブだと考えられています。

インディアン・グーズベリーとも呼ばれるアムラ(アマラキ)ビタミンC(アスコルビン酸)を中心に抗酸化作用に優れた植物化合物を豊富に含んでおり、アーユルヴェーダ薬の中で最も強力な抗癌特性を有することで知られます。

ビビタキは抗炎症作用に優れた植物化合物を豊富に含み、主に慢性咳、気管支炎、糖尿病、痛風、高血圧などの治療に利用されています。

全ての薬の王様』とも称されるハリタキは強力な抗炎症および抗酸化作用を持ち、あらゆる慢性疾患の予防緩和が可能だと考えられています。

多種多様な病気に対して有効性があると考えられているトリファラですが、腸壁および腸内細菌叢の修復、腸管に蓄積した有害微生物菌・重金属・老廃物の除去に優れており、便秘、下痢、炎症性腸疾患、IBS(過敏性腸症候群)、リーキーガット症候群などの治療目的の利用が一般的となっています。

また、欧米の代替療法では抗癌剤(特に大腸癌・結腸癌・直腸癌。)、歯垢・虫歯・歯肉炎の緩和、血糖値およびコレステロールの調整作用による糖尿病の改善目的に利用することがあります。

トリファラ過剰摂取による副作用として下痢、頭痛、発疹、吐き気などを引き起こす可能性がありますが、アーユルヴェーダの中でも安全性は高く、特に危険視する副作用は確認されていません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでトリファラサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • 口臭や歯周病などオーラルケア
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 冷え症や血行障害の改善
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • 腎臓病の予防や腎臓機能の回復改善

ハーブ. スパイス.