スレオニン(トレオニン)画像

スレオニン(トレオニン)の基本的な効能効果

スレオニン(トレオニン)アミノ酸の1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

スレオニン(トレオニン)の主な働き

  • 肝臓の代謝補助作用による肝機能の向上
  • グリシン生成による睡眠補助および神経系の安定化
  • コラーゲン生成作用による皮膚や毛髪などの細胞構築
  • 胃酸の分泌促進作用による消化器官の保護
  • NMF(天然保湿因子)の生成作用による皮膚の水分維持

スレオニン(トレオニン)は体内合成ができない必須アミノ酸で、アミノ酸の中でも認知度は低いですが免疫機能や中枢神経系、肝臓機能、肌・髪・骨・歯の健康維持に不可欠な物質です。

優秀な神経伝達物質であるグリシンおよびセリンの生成に不可欠なスレオニンは神経系の安定化作用に優れており、末梢神経の修復作用をもつビタミンB12(コバラミン)の生合成にも必須となることから欧米では主に多発性硬化症や筋萎縮性側索硬化症(ルーゲーリック病・ALS)などの神経系障害の治療に利用されていますが、不安感やストレスを軽減、寝つきが悪い眠りが浅いなどの睡眠障害、記憶力や集中力などの脳機能向上などの効果はあまり望めません。

日本では肌や髪の細胞構築に不可欠なコラーゲンケラチンNMF(天然保湿因子)の材料となるため美容成分として注目が集めていますが、タンパク質合成や細胞構築との関連性は低く積極的に摂取する必要性はありません。

スレオニンは他のアミノ酸ほど研究されていないため機能性や有効性に関して不明な点が多く、個別サプリメントとしても人気が全くないため過剰摂取による副作用は現段階では判明していません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでスレオニン(トレオニン)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • 食欲増進や食欲不振の改善
  • 健康的な骨や歯の形成または促進
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善

欠乏による症状

  • 慢性的な疲労感や倦怠感
  • 免疫力の低下
  • 治癒力の低下
  • ニキビやシミなどの肌荒れ
  • 発疹や湿疹、アトピーなど皮膚炎の悪化
  • 抜け毛・脱毛、薄毛など頭皮環境の悪化

ハーブ. スパイス.