テアニン(L-テアニン、サンテアニン)画像

テアニン(L-テアニン、サンテアニン)の基本的な効能効果

テアニン(L-テアニン、サンテアニン)アミノ酸の1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

テアニン(L-テアニン、サンテアニン)の主な働き

  • ドーパミンおよびセロトニン活性化作用によるリラックス効果
  • ストレス耐性を上げるGABA(ギャバ)の生成促進
  • 心臓血管機能の補修保護
  • グルタチオン生成促進作用による肝臓機能のサポート
  • 消化器官の補修保護

緑茶に高濃度含まれるテアニンドーパミン・セロトニンの活性化およびGABA(ギャバ)の生成促進作用によるリラクゼーション効果に優れたアミノ酸で、ストレスおよび不安感を減少させるだけでなく記憶力、集中力、学習能力など脳全般の機能を高め、特に不眠症や睡眠障害、うつ病、統合失調症の症状改善に大きな成果を挙げています。

また、心臓血管や消化器官および肝臓補修保護作用も有するテアニンは、高血圧やメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の緩和、胃腸の吸収消化機能補助、肝臓のデトックス効果アップなども期待することができ、近年ではガン細胞増殖抑制や悪性腫瘍予防など高い抗がん作用をもつとして注目されています。

テアニンL-テアニンサンテアニンの2タイプの形態が存在し基本的な効能作用に関してはそこまで違いはありませんが若干サンテアニンのほうが効果が高く、さらにサンテアニン自体に抗酸化作用を有している可能性が示唆されており、そのため脳内で発生した活性酸素およびフリーラジカルの除去に期待することができます。

ただ、テアニン血圧を低下させる可能性があるだけでなく、医薬品との相互作用が多い物質なので医薬品との併用は推奨されていません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでテアニン(L-テアニン、サンテアニン)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • ストレスの緩和や耐性力の向上
  • やる気が出る前向きになるなど物事の考え方を肯定的に改善
  • 自律神経の乱れを改善
  • 疲労回復効果の促進
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • 吸収消化など消化器機能の向上

ハーブ. スパイス.