スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)画像

スルフォラファンの基本的な効能効果

スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

スルフォラファンの主な働き

  • 癌細胞の転移抑制および死滅
  • 体内抗酸化作用の活性化によるアンチエイジング効果
  • 化学物質や重金属などの解毒
  • グルタチオンおよび肝臓内酵素の増加
  • 抗炎症作用による呼吸器機能の改善
  • 脳の神経細胞(ニューロン)の補修保護による認知機能の改善
  • ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)の殺菌
  • AGEs(終末糖化産物)の生成を阻害
  • 放射性物質によるDNA損傷からの保護
  • LDLコレステロールおよび血圧の安定化

スルフォラファン(ブロッコリースプラウト)はブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、ケールなどアブラナ科野菜に含まれる植物性化合物です。

スルフォラファンの前駆体であるグルコラファニンが豊富に含まれる野菜として最も有名なのがブロッコリーですが、ブロッコリーの種子を発芽させた新芽スプラウトには一般的なスーパーの食品売場に並ぶブロッコリーと比較して10倍~100倍近くのグルコラファニンが含まれています。

食品に存在する物質の中で最も強力な抗癌剤と考えられているスルフォラファンは癌細胞の転移を引き起こす癌幹細胞を死滅させるのは勿論のこと、負の遺伝子コードをメチル化して正常なDNAに改変することができます。

そのことからスルフォラファンはあらゆる部位の癌疾患・悪性腫瘍に有効であるとされ、特に口腔癌、喉頭癌、肺癌、肝臓癌、膵臓癌、大腸癌(結腸癌・直腸癌)、乳癌、子宮体癌 (子宮内膜癌)、膀胱癌、前立腺癌、皮膚癌、白血病の治療に大きな成果を挙げています。

また、スルフォラファンには元から人体に備わっている抗酸化作用を大幅に高める作用があるため、しわ・しみ・たるみの改善、目の下のクマや色素沈着の緩和、肌の水分量の改善効果などを期待して欧米女性が利用することが多くなっています。

そして、スルフォラファンには大気中の環境毒素や化学物質、農薬、重金属を解毒する作用があり、脳の神経細胞(ニューロン)の補修保護作用を持つことからアルツハイマー病、パーキンソン病、ハンチントン病、統合失調症、自閉症、ADHD (注意欠陥・多動性障害)など発達障害の治療にも利用されています。

さらに、抗炎症作用を持つスルフォラファンは解毒作用との相乗効果により呼吸器機能を改善させることが可能で、欧米の自然療法では花粉症、アレルギー性鼻炎、喘息、化学物質過敏症の治療にも利用することがあります。

その他にもグルタチオンレベルの上昇および肝機能の改善、タンパク質や脂質の糖化反応『AGEs(終末糖化産物)』の生成阻害、放射性物質による細胞のDNA障害からの保護、インスリンの分泌量の安定化による脂肪蓄積の抑制、ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)の殺菌作用による胃の炎症の緩和、血圧および悪玉コレステロールの低下作用も期待することができます。

スルフォラファン過剰摂取による副作用として肝疾患を引き起こしたケースが報告されており、さらに甲状腺ホルモンの分泌促進効果によってバセドウ病/甲状腺機能亢進症を悪化させる可能性があります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでスルフォラファン(ブロッコリースプラウト)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • 自律神経の乱れを改善
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • UV-AやUV-Bなど紫外線による日焼け緩和対策
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持

ハーブ. スパイス.