ストロンチウム画像

ストロンチウムの基本的な効能効果

ストロンチウムの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ストロンチウムの主な働き

  • 骨の形成促進および柔軟性の向上

ストロンチウムは非放射性元素として自然界に微量に存在する鉱物およびアルカリ土類金属で、体内総量の約99%が骨に含まれています。

ストロンチウムと言えば、白血病、骨肉腫の原因となる放射性物質ストロンチウム90を連想する方がほとんどだと思われますが、古くからヨーロッパでは様々な疾患の治療に利用されています。

カルシウムマグネシウムの中間体に位置するストロンチウムは健康な骨の形成を促進させ、骨の柔軟性を高める作用に優れており、一般的には骨粗鬆症、変形性関節症の改善目的で利用されています。

サプリメントではクエン酸ストロンチウムの形態で利用されますが、転移性の骨癌、前立腺癌の患者に癌細胞の増殖軽減と疼痛を緩和させるために、ストロンチウム89を静脈注射する治療法が存在します。

また、ストロンチウムは骨だけでなく髪や爪の構築にも関連しており、歯磨き粉に配合して知覚過敏の改善にも利用されています。

ストロンチウム過剰摂取による副作用として吐き気、頭痛、便秘などを発症する場合があり、高血圧、脳卒中などの心血管疾患の方の利用は推奨されていません。

骨粗鬆症の改善目的で利用する場合は、相乗効果が確認されているビタミンD3、ビタミンK2との併用が推奨されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでストロンチウムサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 健康的な骨や歯の形成または促進
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化

ハーブ. スパイス.