アカニレ(スリッパリーエルム)画像

アカニレ(スリッパリーエルム)の基本的な効能効果

アカニレ(スリッパリーエルム)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

アカニレの主な働き

  • 内層保護作用による呼吸器、胃腸機能の改善
  • 皮膚の炎症軽減による皮膚疾患の緩和
  • 不安やストレス軽減作用による精神疾患の緩和

アカニレ(スリッパリーエルム)は主に北米の東部地域に生育するニレ科の樹木で、古くからネイティブアメリカンによって喉の痛み、感染症、創傷などの治療に利用されていました。

体内の水を吸収してゲル状の物質に変化するアカニレは炎症を起こした粘膜を保護する作用があり、咳、喉の痛み、気管支炎、喘息、逆流性食道炎の緩和を可能とします。

また、アカニレは呼吸器官だけでなく腸管の内層を保護することができるため、欧米の代替療法ではリーキーガット症候群、IBS(過敏性腸症候群)、炎症性腸疾患、潰瘍性大腸、クローン病の治療に利用され、消化機能を改善する作用も持つことからダイエットや減量補助にも期待することができます。

さらに、アカニレは皮膚の炎症抑制作用もあり、アメリカ合衆国では乾癬の治療に利用することが多くなっています。

その他にもリラクゼーション効果によるストレスや不安の軽減、癌細胞の活動抑制(特に乳癌。)が確認されています。

アカニレ(スリッパリーエルム)による副作用は特に確認されておらず、ハーブ類の中でも安全性が非常に高いと考えられています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでアカニレ(スリッパリーエルム)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • ストレスの緩和や耐性力の向上

ハーブ. スパイス.