スカルキャップ画像

スカルキャップの基本的な効能効果

スカルキャップの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

スカルキャップの主な働き

  • 神経系の鎮静作用による睡眠障害の改善
  • 筋肉の痙攣抑制作用による神経障害の緩和
  • ヒスタミン抑制作用によるアレルギー症状の緩和

スカルキャップは北アメリカ原産のシソ科の多年草で、古くからアメリカ・インディアンが伝統的に狂犬病や統合失調症を治療するために利用していました。

北アメリカ固有の植物ですが中国やロシアの一部地域でも生育しており、米国と中国のスカルキャップは生息域だけでなく効能も若干異なっています。

米国のスカルキャップは神経系の鎮静効果に優れており、不眠症、うつ病、てんかん、アルツハイマー病、パーキンソン病の治療に利用することが一般的で、筋肉の痙攣を鎮める鎮痙剤としての作用も持つことから線維筋痛症、末梢神経障害の緩和にも利用されています。

一方、中国のスカルキャップはアレルギー反応の主原因であるヒスタミンを抑制する作用に優れるため、喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症、気管支炎などのアレルギー症状を緩和することができます。

また、中国のスカルキャップは血糖値を低下および抗癌作用が確認されており、糖尿病や悪性腫瘍(特に脳腫瘍。)の改善にも期待することができます。

ただ、スカルキャップは古くから欧米で利用される由緒あるハーブですが、人体への正確な影響を判断する十分な科学的証拠は現在もありません。

スカルキャップ過剰摂取による副作用として頭痛、吐き気、下痢など基本的なモノから、低血糖症およびアレルギー反応を引き起こす可能性があります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでスカルキャップサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 自律神経の乱れを改善
  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化
  • ストレスの緩和や耐性力の向上
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • インフルエンザや風邪の予防
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持

ハーブ. スパイス.