シャタバリ画像

シャタバリの基本的な効能効果

シャタバリの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

シャタバリの主な働き

  • 女性の生殖器の若返り作用による妊活の促進
  • 女性の生殖器の水分バランス調整作用による女性疾患の緩和
  • 男性の精子濃度および質の向上
  • 神経伝達物質の分泌促進による精神状態の安定化
  • 内臓器官の内層補修保護による呼吸器および消化器疾患の緩和

シャタバリはインド、スリランカ、ネパールなどに生育するユリ科クサスギカズラ属の多年生植物で、数多いアーユルヴェーダの中でも女性に多種多様な健康利益をもたらすハーブとして知られています。

サンスクリット語で『100人の夫を持つ女性』を意味し、『ハーブの女王』とも称されるシャタバリは文字通り女性の万能薬して利用され、思春期・成人期・妊娠期・出産後・閉経期の彼女の生涯を通じて、生殖器官の円滑な機能維持をサポートとします。

シャタバリは女性の生殖システムを活性化させることで受精能力および妊娠率を高めることが可能で、さらに母乳分泌量も増加させることから妊活中・授乳中の女性の定番ハーブとなっています。

また、アーユルヴェーダではホルモンバランスと生殖器の水分量の調整に優れるシャタバリ月経前症候群(PMS)、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、更年期障害、乳腺症、乳腺炎、子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症、子宮内膜炎、子宮内膜増殖症など様々な女性疾患の治療に利用していますが、シャタバリが上記の疾患に対して有効性があるかを判断する十分な科学的証拠はありません。

シャタバリは女性の生殖器だけでなく男性の精子濃度や精子形態の正常化作用も確認されており、EDや勃起不全など男性機能障害、不妊症の患者に処方することもあります。

その他にもエストロゲンの産生促進作用によるバストアップ、セロトニン・GABA(ギャバ)の活性化作用による不安やストレスの軽減、呼吸器および消化器の内層の水分バランス調整作用による気管支炎・結核・消化不良・胃痙攣・胃潰瘍・便秘・下痢の改善、利尿促進作用による腎臓結石・尿路結石の緩和効果にも期待することができます。

シャタバリ過剰摂取による副作用として発疹、肌や目のかゆみ、めまい、頭痛などを発症することがあり、また、アスパラガスの1種であることから、アスパラガスにアレルギー症状をお持ちの方の利用は推奨されていません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでシャタバリサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 妊活や不妊症対策
  • 男女の性機能の回復
  • ストレスや更年期による生理不順の改善
  • 性欲増進効果
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • ストレスの緩和や耐性力の向上
  • やる気が出る前向きになるなど物事の考え方を肯定的に改善
  • 自律神経の乱れを改善
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 吸収消化など消化器機能の向上

ハーブ. スパイス.