胡麻種子(ゴマリグナン、セサミン)画像

胡麻種子(ゴマリグナン、セサミン)の基本的な効能効果

胡麻種子(ゴマリグナン、セサミン)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

胡麻種子の主な働き

  • 新陳代謝の活性化促進
  • LDLコレステロールの低下および高血圧の改善
  • 肝臓内の活性酸素除去作用による肝機能の向上
  • セロトニン分泌促進作用による睡眠の質改善

胡麻種子はアフリカや南アメリカの亜熱帯地域で生育するゴマ科ゴマ属の一年草から採取した種実です。

リノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸タンパク質やリジン・トリプトファンなどのアミノ酸ビタミンB1やビタミンE、マグネシウム、銅、鉄、マンガン、リン、カルシウムなどのビタミン&ミネラルを豊富に含むゴマは栄養価が高いだけでなく他の栄養素の吸収率を高める重要な化合物としても役立ちます。

様々な抗酸化物質を豊富に含むゴマは健康美容にとって最も重要な代謝機能を高める作用に優れており、肌や毛髪の細胞構築、健康的な骨や歯の形成、心血管の改善など基本的な効能から貧血や糖尿病、アルツハイマー病など認知症、男性の不妊症など様々な疾患の緩和を期待することができます。

特に肝機能を高める作用に優れるゴマリグナンというリグナン類セサミンを多く含むゴマは、アルコールの代謝や有毒物質の解毒力を高めることができます。

その他にもトリプトファンやメチオニンのアミノ酸を含むゴマセロトニンの生成を増加させることが可能で、不眠症や過眠症など睡眠障害の緩和、不安感やストレスを軽減させる効果にも期待することできます。

ただ、過剰摂取による副作用として大腸(特に結腸。)の炎症を引き起こす危険性があり、その結果として大腸がん(直腸がん・結腸がん)の発症リスクを高める可能性が示唆されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbで胡麻種子(ゴマリグナン、セサミン)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 冷え症や血行障害の改善
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • ストレスの緩和や耐性力の向上
  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化
  • 妊活や不妊症対策
  • 男女の性機能の回復
  • 健康的な骨や歯の形成または促進
  • 口臭や歯周病などオーラルケア
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス

ハーブ. スパイス.