サジー(シーバックソーン)画像

サジー(シーバックソーン)の基本的な効能効果

サジー(シーバックソーン)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

シーバックソーンの主な働き

  • 皮膚細胞の再生と保湿作用による肌のアンチエイジング効果
  • 髪や爪細胞の品質向上
  • 脂質代謝促進作用による脂肪蓄積の抑制
  • 血液循環改善効果による貧血、冷え性の改善
  • 白血球増加促進作用による免疫力の向上およびアレルギー症状の緩和
  • 肝臓および胃腸機能の改善

サジー(シーバックソーン)は主にフィンランド、ロシア、チベット、モンゴルに生育するグミ科の落葉低木で、1,000年以上にわたって古代ギリシャ、インドのアーユルヴェーダ医学、中国医学、チベットの民俗医学で消化不良、咳、皮膚疾患、高血圧、アレルギーなど様々な疾患の治療に利用していました。

シーバックソーンの果実には高濃度のビタミンC・ビタミンE、25種類ものミネラルフラボノイド・カロテノイドなど190種類以上の生物活性化合物が含まれています。

そして植物でありながら地球上で唯一、オメガ3、オメガ6、オメガ7、オメガ9の4つのオメガ脂肪酸を含むシーバックソーンは、特に美容効果に優れるオメガ7脂肪酸(パルミトレイン酸)を多量に含むことから欧米女性の定番アイテムとなっています。

皮膚細胞の再生と保湿作用を持つシーバックソーンは加齢とともに低下した肌のハリと弾力を取り戻す効果に優れており、肌を明るくする美白効果、ニキビや吹き出物の改善、アンチエイジング・老化予防、しわ・しみ・たるみの改善、ニキビ跡や色素沈着の緩和、乾燥肌・敏感肌の改善、紫外線ダメージの緩和、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患の改善効果にも期待できる肌の万能オイルです。

また、髪に弾力を与える美髪効果や爪組織の正常化、脂質代謝促進による脂肪蓄積の抑制、による貧血、冷え性の改善効果にも期待することができます。

その他にも免疫システムの向上、アレルギー症状の緩和、食欲の抑制、胃腸機能の改善、癌疾患や悪性腫瘍リスクの軽減、肝臓毒素のデトックス、自己免疫疾患の緩和、放射性物質によるDNA損傷の軽減、心筋梗塞や狭心症の緩和、胃食道逆流症(GERD)・副腎疲労・糖尿病・痛風・ドライアイ・喘息などの症状緩和効果があるとされていますが、ほとんどの研究データは主にマウス実験によるもので人間での臨床試験では立証されていません。

シーバックソーンは一般的なフルーツと同様に特に過剰摂取による副作用はありませんが、血圧を低下させる可能性があるため低血圧気味の方は注意が必要となります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでサジー(シーバックソーン)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • 美白効果
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • UV-AやUV-Bなど紫外線による日焼け緩和対策
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • 冷え症や血行障害の改善
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 食欲を抑えるなど食欲の軽減効果
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 視力低下や目の疲れ(疲れ目)など眼球の補修保護

ハーブ. スパイス.