マツブサ(シーザンドラ)画像

マツブサ(シーザンドラ)の基本的な効能効果

マツブサ(シーザンドラ)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

マツブサの主な働き

  • 肝臓と副腎機能の強化による身体機能全体の向上
  • 不安やストレスへの抵抗力向上による精神疾患の緩和
  • 性ホルモン活性化による男女の性機能の改善
  • アミロイドβ形成阻害によるアルツハイマー病の改善
  • フリーラジカルの中和作用によるアンチエイジング、老化予防
  • 血液循環の改善による心血管疾患の予防緩和

マツブサ(シーザンドラ)は主に北アジアに生育するマツブサ科のつる性木本で、何百年にもわたって中国やロシアで強壮剤として様々な疾患の治療に利用されていました。

不安や肉体的ストレスへの抵抗力を高める効能を持つハーブ『アダプトゲン』に分類されるマツブサは、肝臓細胞の構築と副腎機能の強化作用を持つため、数多いアダプトゲンの中でも体内のグルタチオン酵素レベルを高める効能に優れています。

マツブサは免疫力の強化、ストレス耐性の向上、長寿遺伝子の活性化、身体能力・持久力の増強など生命活動に関連する基礎能力全般を向上させることが可能で、欧米の代替療法では不眠症、うつ病、慢性疲労症候群、副腎疲労、ウイルス性肝炎(特にC型肝炎。)、更年期障害、勃起不全(ED)など多種多様な疾患の治療に利用しています。

また、マツブサには脳内のアミロイドβ形成阻害作用があり、アルツハイマー病、認知症、パーキンソン病などの緩和にも期待することができます。

その他にも肌の保湿機能向上によるアンチエイジング・美肌効果、血液循環の改善による高血圧・心筋梗塞・動脈硬化など心血管疾患の予防緩和、SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)活性化による癌細胞の活動抑制および糖尿病の改善なども確認されています。

健康利益が豊富でありながら副作用リスクも低いマツブサ(シーザンドラ)ですが、胃への負担が強いハーブなため、消化機能が低下している方に限り胸焼け、胃痛、胃潰瘍、逆流性食道炎を発症させる場合があります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでマツブサ(シーザンドラ)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • ストレスの緩和や耐性力の向上
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • 冷え症や血行障害の改善
  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化
  • 自律神経の乱れを改善
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • やる気が出る前向きになるなど物事の考え方を肯定的に改善
  • 男女の性機能の回復
  • 性欲増進効果
  • ストレスや更年期による生理不順の改善
  • 疲労回復効果の促進
  • 運動パフォーマンスの向上

ハーブ. スパイス.