ルチン画像

ルチンの基本的な効能効果

ルチンの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ルチンの主な働き

  • 毛細血管の柔軟性向上による末梢血行障害の改善
  • コラーゲン生成促進作用による肌、髪の健康化
  • 抗炎症作用による関節痛の緩和

ルチンはりんご、イチジク、蕎麦、柑橘類などの野菜や果物に豊富に含まれるフラボノイドです。

ルチンには強力な抗酸化・抗炎症特性がありますが、特に毛細血管の柔軟性を高めて血液循環を改善する作用に優れており、欧米の代替療法では痔核(いぼ痔)、メニエール病、耳鳴り、難聴などの治療に利用しています。

また、ビタミンC(アスコルビン酸)の吸収率を高めてコラーゲンの生成を促進する作用もあるため、肌荒れの抑制や育毛発毛の促進など美容効果を目的とした利用も目立ちます。

ルチンにはビタミンCだけでなく他のフラボノイド、特に抗アレルギー作用に優れたケルセチンと相乗効果が確認されており、そのことから食物アレルギー、ハウスダスト、花粉症、喘息、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎の改善目的にケルセチンと併用するケースが多く見られます。

その他にも欧米の代替療法ではブロメライン・トリプシンと併用して変形性関節症、抗がん剤治療や放射線治療によって発症する口腔粘膜炎の治療に利用することがあります。

ルチン過剰摂取による副作用として頭痛、胃の不調、発疹などがありますが、特に危険視する副作用は現段階では確認されていません。

ただ、ルチンには鉄、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルの吸収を阻害する作用を持つため、過度な摂取によって貧血などの症状が発症する可能性があります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでルチンサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 冷え症や血行障害の改善
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和

ハーブ. スパイス.