レッドクローバー画像

レッドクローバーの基本的な効能効果

レッドクローバーの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

レッドクローバーの主な働き

  • 女性ホルモン調整作用による更年期障害の緩和
  • 心血管機能補助による高血圧の改善
  • 癌細胞の増殖抑制および死滅作用
  • 毛髪、皮膚細胞の構築促進

レッドクローバーは主にヨーロッパに生育するマメ科の多年生植物で、古くからハーブ療法として咳、感染症、火傷などの治療に利用していました。

女性ホルモン・エストロゲンの作用を模倣するイソフラボンを豊富に含むレッドクローバーは、ヨーロッパで更年期障害を改善するために利用され、更年期症状に関連するニキビ、うつ病、睡眠障害、体重の増加、骨粗鬆症などを緩和することができます。

また、レッドクローバーは血管の弾力性を高めて血液の循環を改善する作用もあり、高血圧、肩こり、冷え性などの緩和にも期待することができます。

その他にもイソフラボンによる癌細胞の死滅(特に乳癌、子宮内膜癌、前立腺癌。)、皮膚・毛髪の成長促進による美肌・育毛発毛効果も確認されています。

過剰摂取による副作用として頭痛、めまい、吐き気、アレルギー反応などを発症させる場合があります。

また、エストロゲン模倣作用により、ホルモン感受性に関連する子宮筋腫、子宮内膜症、乳癌、子宮癌、卵巣癌を悪化させる可能性があります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでレッドクローバーサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • ストレスや更年期による生理不順の改善
  • 冷え症や血行障害の改善
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化

ハーブ. スパイス.