ケルセチン(クェルセチン)画像

ケルセチン(クェルセチン)の基本的な効能効果

ケルセチン(クェルセチン)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ケルセチンの主な働き

  • ヒスタミン抑制作用によるアレルギー症状の緩和
  • フリーラジカル中和作用による慢性疾患の改善
  • 呼吸器、消化器、皮膚、関節の炎症抑制
  • ミトコンドリアの活性化による運動パフォーマンスの向上
  • 脂肪細胞の形成阻害による脂肪蓄積の抑制

ケルセチン(クェルセチン)は植物、特に果物や野菜に含まれるフラボノイドで、人間の食生活において最も豊富に存在する抗酸化物質だと考えられています。

DNAに損傷を与え、あらゆる疾患の原因となるフリーラジカルは栄養不足、ストレス、睡眠不足、化学毒素などによって増加してしまいます。

ケルセチンは数ある抗酸化物質の中でも特に優れたフリーラジカル中和作用を持っており、そのことから癌、糖尿病、痛風、慢性疲労症候群、アルツハイマー病、パーキンソン病、統合失調症、白内障など多種多様な疾患の改善が可能だと考えられています。

そしてなによりもケルセチンは免疫細胞から分泌されるヒスタミンを抑制する作用に優れることから、欧米ではダニやホコリなどのハウスダスト、小麦やナッツなどの食物アレルギー、花粉症など季節性アレルギーにお悩みの方が体質改善目的に利用することが一般的となっています。

また、ケルセチンには抗炎症作用も併せ持っているため喘息、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎など呼吸器疾患および皮膚疾患の緩和にも期待することができます。

さらにケルセチンは脂肪細胞の形成阻害とミトコンドリアの活性化作用を持つことから、運動パフォーマンスの向上、疲労の軽減、脂肪燃焼能力の向上を目的としたアスリートの利用も目立ちます。

その他にも腸管の修復作用によるリーキーガット症候群の改善、細胞炎症軽減作用による卵巣炎・前立腺炎などの生殖器疾患および関節痛・関節リウマチ・自己免疫疾患の緩和効果が確認されています。

ケルセチン過剰摂取による副作用は吐き気、頭痛、下痢、便秘など軽度なモノだけですが、欧米で腎臓疾患を引き起こしたケースが報告されています。

ケルセチンレスベラトロールの有効性を高める作用が確認されており、アレルギー症状の緩和目的で利用する場合はブロメライン、ビタミンCとの併用が推奨されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでケルセチン(クェルセチン)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 疲労回復効果の促進
  • 筋肉疲労や炎症の治癒力向上
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持

ハーブ. スパイス.