ピジウム画像

ピジウムの基本的な効能効果

ピジウムの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ピジウムの主な働き

  • 5αリダクターゼ抑制作用による前立腺の改善および育毛発毛の促進
  • 抗炎症作用による全身の細胞組織の補修保護

ピジウムはアフリカ大陸の熱帯地方に生育するバラ科サクラ属の樹皮から採取したハーブエキスで、古くから南アフリカの様々な原住民が樹皮を沸騰させてお茶を作り自然治療薬として利用してきました。

男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)に変換する酵素5αリダクターゼの働きを阻害する作用に優れているピジウムは一般的には前立腺肥大症(BPH)や、頻尿(夜間頻尿)、尿失禁など前立腺関連の改善目的に利用され、特に前立腺ガンの予防やガン細胞増殖の抑制に大きな成果を挙げています。

また、ピジウム抜け毛や薄毛など男性型脱毛症(AGA)の緩和にも期待ができることからサプリメントでは同様の育毛発毛効果をもち相乗効果が確認されているノコギリヤシ(ソウパルメット)とセットで配合することが一般的となっています。

ピジウム過剰摂取による副作用は下痢や吐き気など一般的なモノで現段階では潜在的なリスクも特になく、前立腺や育毛発毛効果のある栄養補助食品の中でも安全な部類に入ります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでピジウムサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 男女の性機能の回復
  • 性欲増進効果
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • 妊活や不妊症対策
  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化
  • 吸収消化など消化器機能の向上

ハーブ. スパイス.