カボチャ種子油画像

カボチャ種子油の基本的な効能効果

カボチャ種子油の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

カボチャ種子油の主な働き

  • 5αリダクターゼ抑制作用による育毛発毛の促進および前立腺の改善
  • 抗酸化作用による細胞組織の炎症緩和抑制
  • トリプトファン作用による神経系の安定化
  • セロトニンの生成促進による睡眠質の向上

カボチャ種子油は豊富なタンパク質と食物繊維、ビタミンA、ビタミンE、亜鉛、マグネシウム、カルシウム、マンガンリノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸を含む最も健康的なオイルの1つとして知られます。

まず優秀な5αリダクターゼ抑制作用をもつカボチャ種子油は一般的に欧米で頻尿や尿失禁、過活動膀胱(OAB)、前立腺肥大症(BPH)、EDや勃起不全の緩和目的に利用され、特に毛髪の成長に有益な亜鉛とタンパク質を豊富に含むことから抜け毛薄毛対策や育毛発毛効果を男性女性問わず期待することができます。

さらにトリプトファンとグルタミン酸を多く含むカボチャ種子油不安感やストレスを軽減させうつ病などの精神疾患を緩和することが可能で、睡眠ホルモン・メラトニンの生成促進作用も有することから不眠症などの睡眠障害の改善も期待することができます。

その他にもリノール酸やオレイン酸、パルチミン酸など様々な不飽和脂肪酸を含むカボチャ種子油過敏性腸症候群(IBS)の改善や腸内寄生虫の殺菌など消化器官の補修保護が可能で、悪玉LDLコレステロール低下および善玉HDLコレステロール上昇作用も有することから1型糖尿病および2型糖尿病の緩和も期待することができます。

日本では男性の前立腺改善目的の利用者ばかりが見られますがヨーロッパでは優れた女性のホルモンバランス調整作用が注目されており、更年期障害の緩和、閉経後の頭痛や関節痛の軽減は勿論のこと、女性の乳がんや男性の前立腺がんリスクを低下させガン細胞の増殖を抑制するとして自然療法医でも利用されています。

過剰摂取による副作用は特に危険なものは確認されていませんが、カボチャ種子油は酸化しやすいという欠点が存在するため信頼性のある小売店での購入が望まれます。

ただ、カボチャ種子は血圧低下作用を有しているため高血圧薬を服用している方や低血糖症の場合は注意が必要となります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでカボチャ種子油サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 男女の性機能の回復
  • ストレスや更年期による生理不順の改善
  • 妊活や不妊症対策
  • 性欲増進効果
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • ストレスの緩和や耐性力の向上
  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持

ハーブ. スパイス.