プロテアーゼ画像

プロテアーゼの基本的な効能効果

プロテアーゼの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

プロテアーゼの主な働き

  • タンパク質分解および栄養素の吸収率向上
  • 胃腸の消化機能向上による腸内環境の改善
  • 脂肪細胞形成に関連する酵素阻害による脂肪蓄積の抑制

プロテアーゼタンパク質を加水分解する酵素の総称で、サプリメントなどの健康補助食品としてはパパイン(パパイヤ)、ブロメライン(パイナップル)、アクチニジン(キウイ)などを指します。

膵臓から分泌されるプロテアーゼは細胞機能に不可欠なアミノ酸供給の第1段階であるタンパク質分解という重要な役割があり、その結果として栄養の吸収、DNAの複製、細胞の修復、免疫機能、血液循環の正常な機能維持をサポートします。

一般的には胃腸の消化機能を改善させることで消化不良、便秘、下痢などの緩和、潰瘍性大腸炎、IBS(過敏性腸症候群)、リーキーガット症候群の改善目的で利用されています。

近年ではプロテインの吸収率を高めることで、筋肉疲労の軽減、筋肉の増強、脂肪燃焼やダイエットなどを目的としたボディービルダーやアスリートの利用が多くなっています。

その他にも栄養素吸収率増加による血液循環の改善、関節痛の軽減、免疫機能の向上、アレルギーの軽減など身体機能全般の向上作用に期待することができます。

プロテアーゼ過剰摂取による副作用として下痢や胃腸の不快感を発症することがありますが、特に危険視する副作用は現段階では確認されていません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでプロテアーゼサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 食欲増進や食欲不振の改善
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 疲労回復効果の促進
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 筋肉の増強や成長率アップ
  • 筋肉疲労や炎症の治癒力向上
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化

欠乏による症状

  • 消化器官の機能低下
  • 便秘や下痢など腸内環境の悪化
  • 慢性的な疲労感や倦怠感
  • 免疫力の低下
  • 身体機能の低下
  • 治癒力の低下
  • ニキビやシミなどの肌荒れ
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の悪化
  • 記憶力や集中力など脳機能の低下
  • 心血管疾患や動脈硬化などのリスク上昇

ハーブ. スパイス.