プラム(プルーン、すもも)画像

プラム(プルーン、すもも)の基本的な効能効果

プラム(プルーン、すもも)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

プラムの主な働き

  • 消化機能の改善作用による便秘の改善および食欲の抑制
  • 豊富な抗酸化物質によるアンチエイジング効果
  • 身体機能調節作用による動悸・むくみ・息切れ・貧血の緩和
  • 骨密度強化による骨粗鬆症の改善
  • 角膜の補修保護作用による視力の改善

プラム(プルーン、すもも)は主に中国や日本で生育するバラ科サクラ属の落葉小高木で、古くから消化補助剤や整腸剤として利用されていました。

プラムにはルテイン、ゼアキサンチン、β-クリプトキサンチン、クロロゲン酸などの植物化合物が豊富に含まれ、特に超酸化物スーパーオキシドアニオンによって引き起こされる細胞損傷を抑制する作用に優れています。

プラムの抗酸化特性はアンチエイジングや肌の若返り効果、しわ・しみ・たるみ・色素沈着の改善など美容効果だけでなく、酸化的ストレスによる神経細胞(ニューロン)および細胞膜の補修保護作用も有することから、記憶力や認知機能の向上、睡眠障害、アルツハイマー病、パーキンソン病の改善にも繋がると考えられています。

また、ペクチン(食物繊維)、イサチン、ソルビトールが含まれるプラムは胃腸の消化機能を改善する作用に優れており、便秘の改善は勿論のこと、急激な血糖値上昇およびインスリン分泌の調整、消化を遅くすることで食欲を抑制させる効果も確認されています。

さらにプラムには鉄、カリウムも豊富に含まれているため、心筋細胞、神経インパルス、筋肉収縮、血圧などの調節機能があり、顔や足のむくみ、動悸・息切れ・胸痛、不整脈、貧血の改善にも期待することができます。

その他にも骨密度を高める作用による骨粗鬆症の改善、リンゴ酸・コハク酸による疲労回復効果、整腸作用による大腸癌の発症リスクを低下、β-カロテン・ルテイン・ゼアキサンチンの作用による疲れ目・眼精疲労・ドライアイの緩和などが期待できます。

プラム過剰摂取による副作用として下痢、便秘、鼓脹(腸内ガス)など腸内環境が悪化する可能性があり、またシュウ酸が豊富に含まれることから腎臓結石を発症させる危険性が示唆されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでプラム(プルーン、すもも)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 食欲を抑えるなど食欲の軽減効果
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • UV-AやUV-Bなど紫外線による日焼け緩和対策
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 冷え症や血行障害の改善
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化
  • 健康的な骨や歯の形成または促進
  • 視力低下や目の疲れ(疲れ目)など眼球の補修保護

ハーブ. スパイス.