リン画像

リンの基本的な効能効果

リンの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

リンの主な働き

  • カルシウムとともに骨の構築
  • 腎臓の解毒機能向上による老廃物のデトックス
  • 生命エネルギーであるアデノシン三リン酸(ATP)の生成促進
  • タンパク質の合成促進作用による損傷した細胞組織の構築
  • ビタミン&ミネラルの吸収率の増加

リンは人体でカルシウムに次いで2番目に豊富なミネラルで、全体の約85%が骨、14%が軟部組織(主に筋肉。)、1%が体液中(血液。)に存在しています。

基本的にはカルシウム同様に骨の構築を主な働きとしていますが、DNA・RNAの構成要素でもあるリンは、アデノシン三リン酸(ATP)の産出、タンパク質の形成、筋肉の収縮、心拍の調整など人体の生命活動維持に不可欠なミネラルです。

リンは体内の尿酸、ナトリウム、水分、脂肪バランスを調整することで胃や腸の消化機能、腎臓の解毒機能を高めることが可能で、体内に蓄積した老廃物毒素を解毒、便秘や消化不良を改善することができます。

また、細胞膜を形成するリン脂質の必須成分でもあるため、リンが欠乏するとアルツハイマー病、認知症の早期発症リスクが大幅に高まると考えられています。

その他にもビタミン&ミネラルの吸収率の増加(特にビタミンB群。)、体内のホルモンバランス調整、激しい運動などで損傷した細胞組織の修復促進作用などが確認されています。

リン過剰摂取による副作用として頭痛、吐き気、下痢、便秘、慢性疲労などを発症する場合があります。

また、腎機能が低下している場合、体内にリンが蓄積することで高リン血症となり、心筋梗塞、脳卒中、動脈硬化などに繋がる危険性があります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでリンサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 健康的な骨や歯の形成または促進
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • 筋肉疲労や炎症の治癒力向上

欠乏による症状

  • 慢性的な疲労感や倦怠感
  • 身体機能の低下
  • 治癒力の低下
  • 軽度なうつ病や統合失調症
  • 不安感や疎外感、憂鬱感など自律神経の乱れ
  • 消化器官の機能低下

ハーブ. スパイス.