柿(カキ)画像

柿(カキ)の基本的な効能効果

柿(カキ)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

柿の主な働き

  • 腸壁に蓄積した老廃物のデトックスおよび便秘の改善
  • フリーラジカルによる細胞損傷抑制による慢性疾患の予防
  • 血圧の調整、血流の改善、LDLコレステロールの低下
  • 角膜の補修作用による眼疾患の緩和
  • 利尿効果による有害物質の排出

柿(カキ)は中国原産のカキノキ科カキノキ属の落葉樹で、日本を含むアジア諸国で主に栽培されていましたが、その健康利益の豊富さから近年は世界中で見られる一般的な果樹の1つとなっています。

フリーラジカルによる細胞の損傷抑制作用を持つβ-カロテン、リコペン、ルテイン、β-クリプトキサンチンなどの植物化合物を豊富に含むは、心血管疾患、癌、糖尿病などの慢性疾患の予防することが可能で、ビタミンCを多量に含むことから肌や髪の美容効果にも優れています。

また、可溶性繊維と不溶性繊維を多量に含む高繊維食品であるは、腸内の水を吸収して膨張することで腸壁に蓄積した老廃物をデトックスすることができ、その他にも便秘の改善、食欲の抑制、砂糖類への欲求軽減、大腸癌の発症リスク低下にも繋がります。

さらににはタンニン、カリウムも含まれることから、血流の改善、血圧の調整、LDLコレステロールの低下、顔や足のむくみ、動悸・息切れ・胸痛の改善効果にも期待することができます。

その他にも角膜の補修保護作用による眼疾患の緩和、利尿効果による体内毒素の排出、免疫力向上による風邪やインフルエンザなどの感染症予防などの効果も確認されています。

柿(カキ)過剰摂取による副作用としてアレルギー反応を引き起こす可能性があり、また、柿は血圧を低下させる作用があるため低血圧の方の大量摂取は危険だと考えられています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbで柿(カキ)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 食欲を抑えるなど食欲の軽減効果
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • インフルエンザや風邪の予防
  • 視力低下や目の疲れ(疲れ目)など眼球の補修保護

ハーブ. スパイス.