ペクチン(アップルペクチン)画像

ペクチン(アップルペクチン)の基本的な効能効果

ペクチン(アップルペクチン)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ペクチンの主な働き

  • 腸管の洗浄作用による腸内環境の改善
  • 体内に蓄積した化学物質、重金属、放射性物質のデトックス
  • 炭水化物、糖質の吸収抑制によるダイエット効果

ペクチンは柑橘類の皮に含まれる難消化性多糖類の混合物です。

ペクチンの主な用途として食品、飲料、化粧品などで安定剤や増粘剤として利用され、健康補助食品やサプリメントとしてはリンゴに存在するペクチンを消化器官の健康状態を改善させる目的で使用しています。

可溶性食物繊維であるペクチンは体内の水分を吸収してゲル状の物質となり、腸管を洗浄して便秘や下痢を緩和させるだけでなく、悪玉菌の不活性化および善玉菌の活性化させるプロバイオティクスとしての作用も有しています。

また、ペクチンチェルノブイリ事故で被曝した子供の放射性物質(特にセシウム137。)の体内蓄積量を大幅に低下させた報告があり、以前から水銀や鉛などの重金属排出作用も確認されていたこともあって、現在ではデトックス食品を代表するサプリメントの1つとなっています。

消化器系の補助に優れるペクチンを欧米の代替療法では過敏性腸症候群(IBS)、潰瘍性大腸炎、結腸癌、逆流性食道炎の治療に利用しています。

さらにペクチンには炭水化物や糖質の吸収速度を遅くさせ、脂肪蓄積の予防および食欲の抑制は勿論、血糖値・コレステロール値の調整効果もあることから、メタボリック・シンドローム、糖尿病の緩和にも期待することができます。

ペクチン過剰摂取による副作用として腸管でガスを引き起こし、腹痛や下痢を発症させることがあります。

また、ペクチンにはミネラルの吸収阻害作用(特にマグネシウム、鉄、亜鉛。)があるため、マルチビタミン&ミネラルなどをサプリメントで摂取する場合は時間を空けて服用して下さい。

なお、デトックス効果を高め、過剰摂取による副作用リスクを低下させるために、ペクチンと併用してミネラルウォーターでの水分補給が推奨されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでペクチン(アップルペクチン)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 食欲を抑えるなど食欲の軽減効果
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • 腎臓病の予防や腎臓機能の回復改善

ハーブ. スパイス.