パウダルコ画像

パウダルコの基本的な効能効果

パウダルコの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

パウダルコの主な働き

  • カンジダ菌を中心とした有害微生物の殺菌
  • 重金属や化学薬品のデトックス
  • 抗癌作用および癌性疼痛の緩和

パウダルコは中南米の熱帯地域に生育するノウゼンカズラ科の樹木で、何世紀にわたって先住民族は自然療法としてインフルエンザ、貧血、大腸炎、マラリア、気管支炎、肺炎、感染症などの治療に使用していました。

パウダルコは細菌や真菌、ウイルス、寄生虫などの有害微生物の殺菌に優れた化合物を豊富に含んでおり、欧米ではカンジダ症治療に利用することが一般的です。

数ある天然抗生物質の中でも優秀な血液循環の改善と赤血球数を増加作用を持つことから貧血、白血病、アレルギー、低体温症、高血圧などの治療に優れていると考えられています。

有害微生物を殺菌するだけでなくパウダルコは消化器系を刺激することで、体内に蓄積した重金属や化学薬品、脂肪、老廃物のデトックスを可能とします。

近年ではパウダルコの持つ優れた抗炎症・抗真菌作用による抗癌剤としての能力に注目が集まっており、特に末期癌患者の癌性疼痛を和らげる効力に優れるとして癌治療と併用することが多くなっています。

その他にも欧米の自然療法では糖尿病や肝臓疾患、慢性疲労症候群、関節リウマチ、パーキンソン病などの治療にも利用することがありますが、上記の症状に関しての十分な科学的証拠は存在しません。

パウダルコ過剰摂取による副作用としてめまい、吐き気、下痢などが発症する可能性があります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでパウダルコサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 冷え症や血行障害の改善

ハーブ. スパイス.