パパイン(パパイヤ)画像

パパイン(パパイヤ)の基本的な効能効果

パパイン(パパイヤ)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

パパインの主な働き

  • タンパク質、炭水化物、脂肪の分解作用の向上
  • 腸内環境の改善および消化器官内のバクテリア繁殖阻害

パパインは中南米原産の常緑小高木になる果実パパイヤに含まれる酵素です。

タンパク質、炭水化物、脂肪の分解作用に優れるパパインは消化機能を高めることで、消化不良、胸焼け、逆流性食道炎、十二指腸炎などを改善することができます。

また、消化機能向上は腸の消化機能補助と有害微生物の繁殖阻害にも繋がるため、脂肪蓄積の抑制やダイエット効果は勿論、便秘、下痢、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群(IBS)、リーキーガット症候群の改善目的で利用する場合があります。

なお、パパイヤ自体には肝臓の解毒酵素を活性化による慢性肝炎・慢性膵炎の緩和、豊富なカロテノイドによる加齢性黄斑変性症の改善、フリーラジカル不活性化による癌などの慢性疾患の予防緩和効果が確認されています。

パパイン過剰摂取による副作用として下痢、便秘、吐き気などを発症させる場合がありますが、現段階では特に危険視する副作用は確認されていません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでパパイン(パパイヤ)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 疲労回復効果の促進
  • インフルエンザや風邪の予防
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和

ハーブ. スパイス.