高麗人参(朝鮮人参)画像

高麗人参(朝鮮人参)の基本的な効能効果

高麗人参(朝鮮人参)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

高麗人参の主な働き

  • 生命エネルギー生産向上による身体基礎能力の向上
  • 免疫力向上による感染症の予防緩和
  • 神経系の補修作用による神経疾患の緩和
  • 肺の細菌死滅作用による呼吸器疾患の改善
  • 血糖値低下作用による生活習慣病の予防緩和
  • 癌細胞の不活性化による癌の発症率低下

高麗人参(朝鮮人参)は主に中国北東部や韓国に生育するウコギ科トチバニンジン属の多年草植物で、何世紀にもわたって中国の漢方医学であらゆる疾患の治療に利用されていました。

高麗人参はアジア産とアメリカ産の品種では多少効能に違いがあり、アジア産は神経系の補修保護作用による認知機能の改善に、アメリカ産は弛緩作用による疲労やストレスの軽減効果に優れると考えられています。

高麗人参はエネルギー生産・免疫システムなどの基礎能力を底上げすることで、記憶力・集中力・認知力などの脳機能、不安やストレスに対する耐性力、スタミナや運動パフォーマンス、男女の性交頻度を向上させることができます。

一般的にはアルツハイマー病、うつ病、貧血、不眠症、慢性疲労症候群、副腎疲労、勃起不全(ED)、更年期障害の緩和目的で使用されますが、高麗人参には神経系の補修作用も確認されているため、欧米の代替療法では難聴、メニエール病、関節痛、神経痛、線維筋痛症などの治療にも利用されています。

さらに高麗人参には肺の細菌を死滅させる作用が確認されており、近年では他の抗生物質と併用して嚢胞性線維症、慢性閉塞性肺疾患(気管支炎、肺気腫)の治療に利用することが多くなっています。

その他にも抗がん作用による癌の罹患率の低下(特に肺癌、肝臓癌、胃癌、結腸癌。)、血糖値の低下作用による糖尿病の改善、食欲抑制作用による脂肪蓄積の抑制、免疫機能の改善によるインフルエンザなど感染症の緩和が確認されています。

健康利益の豊富な高麗人参ですが、過剰摂取による副作用の危険性も高く、頭痛、嘔吐、不眠症、胃の痙攣、心拍数の上昇(不整脈)、アレルギー反応など他の健康補助食品と比較して副作用の発症リスクが高いデメリットが存在します。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbで高麗人参(朝鮮人参)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • インフルエンザや風邪の予防
  • 疲労回復効果の促進
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 筋肉疲労や炎症の治癒力向上
  • 男女の性機能の回復
  • 性欲増進効果
  • 妊活や不妊症対策
  • ストレスや更年期による生理不順の改善
  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化
  • 自律神経の乱れを改善
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • ストレスの緩和や耐性力の向上
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 食欲を抑えるなど食欲の軽減効果

ハーブ. スパイス.