ニッケル画像

ニッケルの基本的な効能効果

ニッケルの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ニッケルの主な働き

  • タンパク質の合成およびRNA(核酸)の安定化
  • 鉄の吸収率増加による貧血、骨粗鬆症の改善

ニッケルは大豆、ナッツ類、チョコレートなどの食品に含まれるミネラルで、タンパク質合成に関連するRNA(核酸)酵素の補助作用を持つ生体機能維持に不可欠な存在です。

の吸収率増加作用を持つニッケル貧血を予防することが可能で、欧米では骨粗鬆症患者の治療に利用することがあります。

その他にもホルモンの分泌を促進する作用などが確認されていますが、人体への明確な作用は現在も判明していません。

また、ニッケルの体内必要量は超微量であり、僅かながら発癌性が確認されているミネラルでもあるため、一般的にはサプリメントなどの栄養補助食品に配合されることはまずありません。

ニッケル過剰摂取による副作用として喘息、心臓疾患、皮膚疾患などのアレルギー反応、腎臓疾患の悪化などが確認されています。

期待できる効能効果

  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • 冷え症や血行障害の改善
  • 健康的な骨や歯の形成または促進

ハーブ. スパイス.