ナットウキナーゼ(納豆)画像

ナットウキナーゼ(納豆)の基本的な効能効果

ナットウキナーゼ(納豆)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ナットウキナーゼ(納豆)の主な働き

  • 血液凝固タンパク質であるフィブリンの溶解
  • 血圧および悪玉コレステロールの低下

ナットウキナーゼは日本の伝統的な発酵大豆食品『納豆』に存在するタンパク質分解酵素です。

日本では発酵食品と言えば条件反射的に腸内環境を整える効能を思い浮かべますが、ナットウキナーゼは善玉菌のエサになる程度でプロバイオティクスに分類される中でも腸内フローラ改善力はそこまで優れておらず、主な効能は血栓を溶解し健康的な血液循環システムを促進することです。

ナットウキナーゼは血栓の主要成分であるフィブリンを溶解させるだけでなく、同じく血栓溶解酵素として知られるウロキナーゼ、プラスミンを活性化させ、心筋梗塞、脳卒中、動脈硬化、高血圧、胸痛(狭心症)、深部静脈血栓症、アテローム性動脈硬化など血液が凝固することで発症する疾患を緩和または予防することができます。

欧米では以外にも女性の愛用者が多く見られ、子宮筋腫、子宮内膜症などの子宮疾患の緩和から不妊治療や妊活力向上目的に利用しています。

近年の研究でアルツハイマー病、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症などの神経変性疾患を緩和させる可能性が示唆されていますが、根本的なメカニズムの解明には至っていません。

過剰摂取による副作用は確認されておらず、数ある栄養補助食品の中でも特に安全性の高い物質だと考えられています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでナットウキナーゼ(納豆)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 冷え症や血行障害の改善
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上

ハーブ. スパイス.