ミューリン画像

ミューリンの基本的な効能効果

ミューリンの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ミューリンの主な働き

  • 気道や肺の炎症軽減作用による呼吸器疾患の緩和
  • エモリエント効果による中耳炎の改善
  • LDLコレステロール、中性脂肪、血糖値の低下

ミューリンはゴマノハグサ科モウズイカ属の多年草植物で、何世紀にもわたってネイティブアメリカンがハーブ療法として呼吸器疾患の治療に利用していました。

咳を鎮め、痰を吐き出しやすくさせ、気道や肺の炎症を軽減させる鎮咳去痰薬に似た性質を持つミューリンは、咳、喘息、百日咳、気管支炎、肺気腫、肺炎、胸膜炎などの呼吸障害を改善できると考えられています。

また、抗菌性・抗ウイルス性作用を持つミューリンは風邪やインフルエンザなどの感染症を予防緩和することが可能で、皮膚に潤いと柔軟性をもたらすエモリエント効果も確認されていることから中耳炎、痔核(いぼ痔)の治療にも利用することがあります。

その他にもミューリンにはLDLコレステロール、中性脂肪、血糖値の低下作用があり、高血圧を改善させアテローム性動脈硬化症の発症リスクを低下にも期待できます。

ミューリン過剰摂取による副作用として皮膚発疹や喉の痺れなどが確認されています。

期待できる効能効果

  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • インフルエンザや風邪の予防
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 口臭や歯周病などオーラルケア

ハーブ. スパイス.