ムクナ豆画像

ムクナ豆の基本的な効能効果

ムクナ豆の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ムクナ豆の主な働き

  • ドーパミン生成促進作用による精神状態の安定化
  • テストステロン分泌促進作用による性的機能および運動能力の向上
  • 鎮静作用による精神疾患の緩和
  • 抗炎症作用による関節炎痛の緩和

ムクナはインドやバハマなどの亜熱帯地域に生育するマメ亜科トビカズラ属の植物で、1,000年以上にわたってインドの伝統的なアーユルヴェーダ医学で不安の軽減やヘビの咬傷の治療に使用されています。

ムクナには神経伝達物質ノルアドレナリン、アドレナリンの原料となるドーパミンの前駆体、L-ドーパが豊富に含まれています。

ドーパミンは記憶、睡眠、モチベーション、性的欲求、感情、神経系に多大な影響を与える脳化学物質で、L-ドーパは血液脳関門を容易に通過して、脳内のドーパミン産生を自然な形で増加させることができます。

脳内のドーパミンレベルが高まると記憶力・集中力の向上、砂糖や炭水化物など食欲の抑制、ストレス耐性の向上、性的機能の回復など様々な効果を望めますが、欧米の代替療法では主にパーキンソン病を治療するために使用されています。

また、ムクナは性ホルモン、特にテストステロンの分泌を高める作用に優れており、インドでは古くから男女の媚薬として性的欲望の向上、不妊症対策として利用していました。

テストステロンレベル向上はアンチエイジングや若返り効果、抜け毛や脱毛の緩和、EDや勃起不全など男性機能障害の改善だけでなく、運動パフォーマンス向上、筋肉の増強、肉体疲労の軽減などの効果もあるため、アーユルヴェーダの中でもボディビルダーやアスリートの愛用率の高いサプリメントとなっています。

その他にもホルモンの調節および神経系の鎮静作用による不眠症・うつ病・ADHD (注意欠陥・多動性障害)など発達障害の改善、抗炎症作用による関節炎・神経痛の緩和、ドーパミン欠乏によるアルコール中毒者や麻薬中毒者の改善効果などを期待することができます。

ムクナ豆過剰摂取による副作用として頭痛、吐き気、高血圧、不眠症、統合失調症などの精神疾患の悪化などがあります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでムクナ豆サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • やる気が出る前向きになるなど物事の考え方を肯定的に改善
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • ストレスの緩和や耐性力の向上
  • 食欲を抑えるなど食欲の軽減効果
  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化
  • 性欲増進効果
  • 男女の性機能の回復
  • 妊活や不妊症対策
  • 疲労回復効果の促進
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 筋肉の増強や成長率アップ

ハーブ. スパイス.