MSM(メチルスルホニルメタン)画像

MSM(メチルスルホニルメタン)の基本的な効能効果

MSM(メチルスルホニルメタン)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

MSM(メチルスルホニルメタン)の主な働き

  • 関節の炎症および筋肉の損傷の軽減
  • コラーゲン形成促進作用による皮膚・毛髪・爪の構築
  • 腸粘膜の修復による消化機能の補助
  • グルタチオン生成促進による重金属や化学薬品のデトックス
  • 生体防御に関連する酵素健全化による免疫力の向上

MSM(メチルスルホニルメタン)は動植物や人間に見られる有機硫黄化合物で、数えきれないほどの有益な健康作用を持つことから奇跡の化合物として欧米では定着しています。

まずMSMは関節の炎症軽減と柔軟性の改善に優れており、腰、膝、背中、手足の関節痛、変形性関節症、関節リウマチの治療に利用することが一般的で、関節だけでなく激しい運動によって引き起こされる筋肉の損傷や酸化ストレスを軽減させる作用も持つため、欧米ではボディビルダーやアスリートなどが筋肉痛の抑制や自然治癒力を高める目的で愛用しています。

日本ではコラーゲンケラチンの形成を促進するMSM顔のたるみやしわ、乾燥肌、ひび割れの緩和などの美容効果や、抜け毛や脱毛の緩和、育毛発毛効果を期待して摂取する方が多く見られます。

その他にも抗炎症作用による花粉症などのアレルギー症状の緩和、消化管の内層を形成する腸粘膜の修復によるリーキーガット症候群の緩和、抗酸化物質グルタチオンの生成促進作用による重金属や老廃物のデトックスなど様々効果を期待することができます。

MSM(メチルスルホニルメタン)過剰摂取による副作用として腹痛や下痢、便秘などを引き起こす可能性がありますが、硫黄化合物は人体に豊富に存在するため現段階では特に危険視する副作用はないとされています。

なお、顔のたるみやしわの緩和、育毛発毛効果を期待して摂取する場合は、相乗効果が確認されているビタミンC、ビタミンEとの併用が推奨されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでMSM(メチルスルホニルメタン)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 関節系の炎症軽減と柔軟性の改善
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • 疲労回復効果の促進
  • 筋肉疲労や炎症の治癒力向上
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 吸収消化など消化器機能の向上

ハーブ. スパイス.