マシュマロウ画像

マシュマロウの基本的な効能効果

マシュマロウの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

マシュマロウの主な働き

  • 抗菌作用による呼吸器疾患の緩和
  • 抗炎症作用による胃腸疾患の緩和
  • 食事中の血糖値抑制作用による脂肪蓄積の抑制
  • 癌細胞の不活性化による抗がん作用

マシュマロウはヨーロッパ、西アジアを原産とするアオイ科タチアオイ属の多年草植物で、古代エジプト、ギリシャ時代から消化器、呼吸器、皮膚疾患などの治療に利用されていました。

名前通りお菓子のマシュマロの原料でもあるマシュマロウには抗菌・抗炎・鎮静・保湿作用を持つ粘液成分が含まれており、鼻腔内の痛みや腫れ、喉の痛み、慢性咳、風邪などの感染症、胃腸の不調に関連する内層全ての炎症を抑制することができます。

欧米の代替療法では口内炎、気管支炎、百日咳、扁桃炎、胃潰瘍、逆流性食道炎、下痢、便秘、リーキーガット症候群、IBS(過敏性腸症候群)、クローン病の改善、湿布として使用して創傷、湿疹、乾癬などの治療にも利用することがあります。

マシュマロウには消化機能補助による血糖値の上昇抑制作用があるため、糖質の吸収率低下、脂肪の蓄積予防などダイエット効果も期待することができます。

また、マシュマロウの根に含まれる植物化合物には癌細胞、特に肺癌の増殖を抑制する可能性が示唆されています。

マシュマロウ過剰摂取による副作用として血糖値を低下させる可能性がありますが、特に危険視する副作用はなく、ハーブ類の中でも特に安全性は高いと考えられます。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでマシュマロウサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • インフルエンザや風邪の予防
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進

ハーブ. スパイス.